夏野菜でエスニック鍋|おうちで簡単!プロの味|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2019年7月4日更新

夏野菜でエスニック鍋|おうちで簡単!プロの味

おうちで簡単!プロの味[4]
夏野菜がおいしい季節になりました。今回紹介するのは野菜と魚介類を使ったエスニック鍋。パクチーを入れると雰囲気がでますね。器に取り分けて食べるのはもちろん、鍋ごとテーブルに置いてもOK。おもてなし料理として振る舞うときは、具材を並べて盛りつけると見栄えも良くなります。(真栄城悟さん)


夏野菜のエスニック鍋
ナンプラーの風味が食欲そそる

【材料/2人分】
・ズッキーニ…………40g
・ミニトマト……………6個
・オクラ…………………3本
・トウガン……………60g
・エビ(冷凍)…………4尾
・ホタテ(冷凍)………4個
・ニンニク………………2片
・タカの爪……………2本分
・鶏がら(顆粒)…2つまみ
・ナンプラー………大さじ4
・水…………………500ml

・レモン……………好みの量
・パクチー…………好みの量


作り方

1 オクラは塩を入れた熱湯に入れて軽くゆで、氷水につける。その後輪切りにする。

2 トウガンは少し緑色が残る程度に皮をむき、食べやすい大きさに薄くスライスしておき、ズッキーニは輪切りにする。


3 ニンニクは生のままスライスする。

4 エビは殻をむき、背わたを取って処理をしておく。

5 フライパンにオリーブオイル(分量外)と3のニンニクを入れて香りが出るまで炒める。


6 トウガンとズッキーニを加えて焼く。

7 ホタテと下処理済みのエビ、タカの爪を入れて焼く。

8 水500mlにナンプラーを混ぜたもの(赤字の材料)と、ミニトマト、1のオクラを7のフライパンに入れて、野菜の硬さを確認しながら煮込む。


9 野菜が好みの硬さになったら、仕上げにスライスしたレモンを浮かべ、パクチーを添えてできあがり。


ここがプロのテクニック!

Point! 1 オクラは氷水で色鮮やかに
オクラはゆでた後に氷水につけると、茶色く変色するのを防げる。つける時間は1分ほどでOK。



Point! 2 エビの尻尾はカット!
エビの尻尾をはさみで斜めにカットすると、尻尾の中の水分が抜けるため、炒めるときや揚げるときに油がはねるのを防げる。



アレンジしてみよう★

今回は魚介類を使用したが、豚バラ肉や鶏もも肉を使っても良い。豚バラ肉の場合はフライパンで焼いて、余分な脂を捨てておくのがポイント。

パクチーは刻んで鍋に入れると、より香りが楽しめる。苦手な人はサニーレタスなどで代用するのもおすすめ!




まえしろ・さとる/県内で飲食店を展開する、株式会社ピースサイン代表。ホテルやレストランでの経験を基に、現在はメニュー開発を担当している。

時短レシピ・記事一覧
おうちで簡単!プロの味・記事一覧
 

毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1666号 2019年7月4日紙面から掲載」

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1720

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る