サッと炒めるだけ!『セロリとにんじんの塩きんぴら』|野菜Style|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2018年3月1日更新

サッと炒めるだけ!『セロリとにんじんの塩きんぴら』|野菜Style

野菜Style[36]|野菜ソムリエプロの堀基子さんと、ドクターの国仲弘一さんが、野菜を楽しくオシャレに取り入れ、体の中から健康的にキレイになって、肥満を解消する生活スタイルを提案! 最終回は、今が旬のセロリです。

セロリとにんじんの塩きんぴら|野菜スタイル
 

セロリ苦手でも食べやすく

国 仲
今日は僕の大好きなセロリですね! 野菜スープに入れたりしますが、きんぴらは初めて。特有の香りが控えめで、苦手な人でも食べやすそうですね。

 堀 
この香りにはリラックス効果があるそうです。黄色のニンジンを使ったので、春らしい色合いでしょう?たっぷり作っておかずカップに小分けして冷凍し、お弁当に持たせています。

国 仲
野菜炒めにセロリを足してもいいですね。

 堀 
セロリには余分な塩分の排出を助けるカリウムが多く、特に葉には食物繊維やベータカロテンが豊富です。葉を刻んでワカメと卵で中華スープにしたり、葉を細かく刻み、ちりめんじゃこや桜えびと炒めて、みりんとしょうゆで味を調え、かつおぶしと白すりゴマを加えれば、カルシウムたっぷりのふりかけになります。

国 仲
捨てるところが無いなんて、すごいですね!

 堀 
ところで、3月は大腸がん啓発月間ですが、国仲先生は消化器外科からスタートされたんですよね?

国 仲
そうなんですよ。今の専門の乳がんと同様に、大腸がんは生活習慣が大きく影響する疾患で、沖縄県では右肩上がりに増えています。肥満が多い、肉を食べる量が多く野菜摂取量は少ない、運動不足、などがその背景にあると思います。

 堀 
どんな食べ物がリスクを高めるのでしょうか?

国 仲
まずは飲酒ですね。牛、豚、羊などの赤肉、ベーコン、ハム、ソーセージなどの加工肉も、リスクを高めるといわれています。

 堀 
肥満もリスク要因ですよね?

国 仲
肥満は確実に大腸がんのリスクを高めます。また、親や兄弟など家族に大腸がんにかかったことがある人がいたら、要注意ですね。

 堀 
リスクを下げるには?

国 仲
食物繊維はリスクを下げるとされているので、野菜や海藻を毎日たっぷり摂りたいですね。また、運動習慣は確実にリスクを下げると言われているので、運動不足の方は、歩いて通勤したり、日常的に運動習慣を持つのがおすすめです。

 堀 
検診も大切ですよね?

国 仲
早期発見で完治する確率が高まるので、40歳を過ぎたら年に一度は大腸がん検診を受けてくださいね。

 堀 
食事、運動、検診…がんや生活習慣病から身を守る基本は一緒なんですね。

国 仲
生活習慣がリスクを高める疾患は、逆に自分でリスクを下げられるんです。

 堀 
野菜をたっぷり食べる大切さを、これからも野菜ソムリエプロとして伝えたいと改めて痛感しました。

国 仲
健康美人は野菜スタイルから! ですね。


=本連載は今回で終了です。


レシピ
サッと炒めるだけ!

『セロリとにんじんの塩きんぴら』

 
材料(2人分)
セロリ 2本
ニンジン 1/2本
ごま油 大さじ1
大さじ1
白すりごま 大さじ1
小さじ1弱

 

作り方
1. セロリの茎と、縦半分に切ったニンジンは、それぞれ斜めに薄く切る。
2. フライパンにごま油を熱し、ニンジンを入れて炒め、しんなりしてきたらセロリを加えて炒め合わせ、酒と塩を加えて味を調え、仕上げに白すりゴマを振り、余分な水分を吸わせる。



セロリ|野菜Style
 

セロリ

収穫期 1月~4月
産 地 県内各地
  • 選び方:葉が鮮やかな緑色で、黄色に変色しておらず、張りがあり、みずみずしいものを。
  • 保存法:葉と茎を切り離して冷蔵を。茎や葉を切って冷凍しておくと、スープや炒め物にそのまま使えて便利。



国仲弘一さん(医師)
生活習慣で大腸がん予防!
シャキシャキの食感、ごまの風味が、とてもいい! お弁当に入れたくなる一品。

国仲弘一(くになかこういち)
医師、医学博士。琉球大学医学部附属病院第1外科 助教。乳腺・甲状腺外科 チーフ。日本外科学会専門医、日本乳癌学会専門医。日々、がんの治療や再発予防に奮闘中。自らも約30kgのダイエットに成功。趣味は料理、マラソン、ワイン、カメラ。日本野菜ソムリエ協会公認 野菜ソムリエアンバサダー



堀基子さん(野菜ソムリエプロ)
香りにリラックス効果!​

堀基子(ほりもとこ)
野菜ソムリエプロ。アスリートフードマイスター3級。ベジフルビューティセルフアドバイザー。アンチエイジング・プランナー。受験フードマイスター。沖縄野菜プロジェクト協同組合理事。「野菜style流ダイエット講座」も開講中。本年度野菜ソムリエアワード銀賞受賞



Dr国仲×野菜ソムリエ堀「野菜Style」|funokinawa
野菜Styleレシピ一覧


『週刊ほーむぷらざ』
Dr国仲×野菜ソムリエ堀 野菜Style<36>
第1597号 2018年3月1日掲載

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1648

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る