コトコト煮込むだけ!『丸ごと新タマネギとタコのスープ』|野菜Style|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2018年2月1日更新

コトコト煮込むだけ!『丸ごと新タマネギとタコのスープ』|野菜Style

野菜Style[35]|野菜ソムリエプロの堀基子さんと、ドクターの国仲弘一さんが、野菜を楽しくオシャレに取り入れ、体の中から健康的にキレイになって、肥満を解消する生活スタイルを提案! 今回は、今が旬の新タマネギです。


 

新タマネギの甘みを堪能

国 仲
予想だにしない組み合わせ! タコのうま味が濃厚だから味付けもシンプルで十分ですね。

 堀 
辛みが少ない新タマネギは生食向きですが、加熱するととても甘く、とろけるような軟らかな食感になるので、丸ごとスープにしたり、厚めの輪切りにしてステーキにしても美味です。

国 仲
今までサラダが多かったのですが、さっそく挑戦してみます。たっぷり作って、2日目はトマトや魚介類を加えて、ブイヤベース風にしてもおいしそう。

 堀 
ぜひ私にもごちそうしてください(笑)。ところで2月4日は世界がんデーです。日本人の死因のトップで、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで亡くなる時代ですが、予防のためにできる事はありますか?

国 仲
昨年8月に改定された「日本人のためのがん予防法」では、①たばこは吸わない、他人のたばこの煙を避ける②お酒はほどほどに③バランスのとれた食生活④塩分は控えめに⑤野菜や果物不足にならない⑥飲食物を熱い状態でとらない⑦適度な運動習慣⑧適正体重を維持する⑨肝炎やピロリ菌などウイルスや細菌の感染予防と治療⑩定期的ながん検診、といった項目が挙げられています。

 堀 
食生活に関しては、あまり具体的ではないですね。

国 仲
実はアメリカにはより詳しいがん予防14カ条があります。世界がん研究財団とアメリカがん研究財団が1997年に発表していて、とても具体的です。たとえば、野菜と果物は1日400~800グラムまたは5皿以上(1皿80グラム)を食べる。

 堀 
日本の目標摂取量は、野菜が1日350グラム、果物が1日200グラムなので、800グラムと聞くと驚きますね。

国 仲
その他の植物性食品を1日600~800グラムまたは7皿以上の穀類、豆類、芋類、バナナなどを食べる。

 堀 
穀類、豆類、芋類、バナナというのは、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富だからでしょうね。豆腐もここに入りますね。

国 仲
野菜や果物、豆類、精製度の低いでんぷん質などの主食が豊富な食事をする。

 堀 
精白米より玄米、パンなら全粒粉という意味ですね。

国 仲
また、これらの勧告を守るなら、あえて栄養補助食品をとる必要はなく、がん予防にも役立たないと明記されています。他にも、適正体重(BMI18.5~25)を守る、1日1時間の速歩、または週に計1時間は強度の強い運動を行うといった項目もあります。

 堀 
野菜たっぷり、運動もお忘れなく!

国 仲
走りに行かなくちゃ!

 堀 
私も泳ぎに行かなくちゃ!



レシピ
コトコト煮込むだけ!

『丸ごと新タマネギとタコのスープ』

 
材料(2人分)
新タマネギ 2個
ゆでタコの足 2本
400ml
みりん 大さじ2
ハーブソルト 小さじ1

 

作り方
1. 新タマネギは皮をむき、葉と根元を切り落とし、タコはひと口大に切る。
2. 鍋に水と調味料、1を入れて中火にかけ、沸騰したら弱火にし、アクをすくいながら、新タマネギに火が通るまで煮る。



新タマネギ

収穫期 12月~翌4月
産 地 宜野座村、宮古島など
  • 選び方:色が白く、首が締まり、新芽が伸びておらず、葉付きなら葉が緑色でしなびていないものを。
  • 保存法:とても傷みやすいので、購入後は冷蔵し、できるだけ早く食べきる。





健康的な食生活でがん予防!
新タマネギの甘みとタコのうま味がよく合って美味! 軟らかな食感に驚きました。

国仲弘一(くになかこういち)
医師、医学博士。琉球大学医学部附属病院第1外科 助教。乳腺・甲状腺外科 チーフ。日本外科学会専門医、日本乳癌学会専門医。日々、がんの治療や再発予防に奮闘中。自らも約30kgのダイエットに成功。趣味は料理、マラソン、ワイン、カメラ。日本野菜ソムリエ協会公認 野菜ソムリエアンバサダー




香りと辛みで疲労回復!​

堀基子(ほりもとこ)
野菜ソムリエプロ。アスリートフードマイスター3級。ベジフルビューティセルフアドバイザー。アンチエイジング・プランナー。受験フードマイスター。沖縄野菜プロジェクト協同組合理事。「野菜style流ダイエット講座」も開講中。本年度野菜ソムリエアワード銀賞受賞




Dr国仲×野菜ソムリエ堀「野菜Style」|funokinawa
野菜Styleレシピ一覧


『週刊ほーむぷらざ』
Dr国仲×野菜ソムリエ堀 野菜Style<35>
第1593号 2018年2月1日掲載

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1694

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る