「イル・ド・レ沖縄」チャペル&レストラン|開放感あふれる空間で幸せを|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

レストラン

2017年6月30日更新

「イル・ド・レ沖縄」チャペル&レストラン|開放感あふれる空間で幸せを

[funokinawa・ほ〜むぷらざ便り]恩納村の海の見える高台にある小さな結婚式「イル・ド・レ沖縄」。チャペルでの少人数制のブライダルを手掛けるほか、レストランを展開。料理の鉄人・坂井宏行氏がオーナーシェフとなり、高品質なカジュアルフレンチを提供し、「食の幸せ」もおすそ分けしている。

「料理の鉄人」坂井氏監修のカジュアルフレンチ

国道58号沿い、白壁に赤瓦、緑の木々が揺れる「イル・ド・レ沖縄」。3月に旧・カサラティーダからリニューアル。チャペルやパーティールーム、レストランがあり、一軒家のような趣あるたたずまいだ。店内は白を基調に、華やかさと非日常的な空間が広がる。チャペルやレストランから青い海と青い空が見え、開放的な雰囲気を演出してくれる。

レストランは料理の鉄人として知られる坂井氏がオーナーシェフ。「高品質な料理をリーズナブルに」との思いを表現したカジュアルフレンチを堪能できる。材料、価格帯、サービスなど随所に細やかな心配りとこだわりがあるが、「多くの方に気軽に足を運んでもらいたい」と、ランチはシェフおすすめ限定セットが1500円。パスタや肉、魚料理など6種からチョイスできる。ディナーはグループで取り分けながら食べるボリュームある量にするなど、「食卓のだんらん」を再現するように工夫されている。

沖縄食材を中心に、フレンチならではの色彩感覚で視覚的に楽しませるのはもちろん、「おいしく食べる」タイミングを考えたという。堂瀬亮料理長は「新鮮な沖縄の野菜、お肉を使って、同じ食材でもおいしく食べられるタイミングで、リーズナブルに提供している」と話す。

ILE DE RÉ RESTAURANT|ディナーは「リゾートテイストの至福のフレンチ」がコンセプト。沖縄の食材を使い、彩りも楽しみながらアラカルトでさまざまな味を堪能できる
ディナーは「リゾートテイストの至福のフレンチ」がコンセプト。沖縄の食材を使い、彩りも楽しみながらアラカルトでさまざまな味を堪能できる


おもてなしのさりげない心配りもこだわりのひとつ。中でもメニューにない料理をその場に応じて提供するのは、「わざわざ来ていただいたお客さまに楽しんでほしい」という思いだという。例えば、子ども連れには、キッズプレートを出したり、ディナーではカップルや少人数向けに前菜からデザートまでのセットメニューを提供。いずれもメニューには掲載されていない。

「フレンチは『高い』というイメージを持っている方が多いと思うが、ぜひカジュアルフレンチを楽しんでほしい」と堂瀬料理長。気軽に利用してもらうための工夫として、ランチは毎月1日と15日の月2回メニューを変更。ディナーもグランドメニューのほかに、月ごとのイベントに合わせた料理や旬の味を取り入れている。

同チャペル・レストランを運営している(株)レックの渡慶次恭太マネージャーは「敷居が高いと思われがちだが、一度来ると、リピータになる方が多い」と話す。「人生の一ページに残る店を運営したい」というコンセプトの下、結婚式はもちろん、レストランからも幸せの輪が広がっている。

ILE DE RÉ RESTAURANT|海と自然の風を感じさせる昼間のレストラン
海と自然の風を感じさせる昼間のレストラン

沈む夕日を眺めながらのディナーもおすすめ(左上)人気のブイヤベース(右上)
沈む夕日を眺めながらのディナーもおすすめ(左上)人気のブイヤベース(右上)

イル・ド・レ沖縄|ランチセット
ランチセット

「高品質な料理をリーズナブルに」と提案する坂井シェフ=恩納村/イル・ド・レ沖縄
「高品質な料理をリーズナブルに」と提案する坂井シェフ=恩納村/イル・ド・レ沖縄



テラス席を完備
利用も多彩に


南フランスの民家のようなたたずまいの「イル・ド・レ沖縄」。レストラン(写真)では太陽が降り注ぐランチタイムはもちろん、夏場は午後6時ごろから刻々と変わる空と海を見つめ、ディナーを楽しむことができる。レストランは20人以上で貸し切りができるなど、さまざまなシーンに応じて利用できる。詳細は問い合わせを。

ILE DE RÉ RESTAURANT|沖縄県恩納村仲泊|レストラン

ILE DE RÉ RESTAURANT
沖縄県恩納村仲泊1329-2(旧カサラティーダ)
http://www.iledere-okinawa.com/

チャペル
098-963-0140
レストラン
098-963-0170
 


『週刊ほーむぷらざ』第1562号 2017年6月22日掲載

この記事のキュレーター

キュレーター
ちぃちゃん

これまでに書いた記事:84

元企画・編集プランナー
身の回りの「はてな?」や「なるほど!」を追い求めながら、好奇心のアンテナを張り巡らせて日々、取材中。何でもやるからには「徹底的」に。そのための息抜きも大切に。メリハリのある暮らしと、メリハリのある仕事のこなし方ができるよう心がけています。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る