バリ ヌーン バリ ムーン|バリ料理【BALI NOON BALI MOON|沖縄市久保田】|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

レストラン

2016年11月17日更新

バリ ヌーン バリ ムーン|バリ料理【BALI NOON BALI MOON|沖縄市久保田】

きょうは何を食べよう? ちょっと気になるグルメな「お店」をご紹介。
[カテゴリー:ハーブ スパイス バリ料理]

バリの調味料「ブンブ・バリ」と旬の素材

程よい辛さが大人の味

沖縄市のプラザハウス内にある「BALI NOON BALI MOON(バリ ヌーン バリ ムーン)」は、18種類のハーブ・スパイスを駆使したバリの調味料・ブンブや、ココナツオイルなどを使った多彩なメニューが並ぶ。アジアの薬膳とも称される、バリ料理が味わえると好評だ。

ディナーで提供している「アヤム・バカール・サンブルマタ」(1,000円)は、ブンブに浸してこんがり焼き上げたチキンにパプリカや唐辛子、レモングラスの入ったオリジナルソースがかかった一品。肉のうまみと、ソースの程よい辛さがマッチし大人の味わいだ。

前菜におすすめの「ウラブ」(600円)は、インゲンやゴーヤーなど旬の野菜を使い、ココナツソースで和えたバリ風ミックスベジタブル。ココナツのまろやかな香りの後にピリ辛が広がり食欲をそそる。ランチとディナーで楽しめるインドネシアの家庭料理「ソト・アヤム」(700円)は、春雨やトマト、タマゴなどが入ったチキンスープで、さっぱりした酸味と辛さが相性よく、くせになる。そのほか、料理に合うワインも充実している。



手前は「アヤム・バカール・サンブルマタ」、中右は「ウラブ」で同左は「ソト・アヤム」。左奥は、デザートに味わいたい、黒豆とココナツの入った、バリ風スイーツプリンの「ブラックライスプティング」(500円)



バリで撮影した写真が飾られ、家具もバリから取り寄せた品々が並ぶ店内



 

BALI NOON BALI MOON

沖縄県沖縄市久保田3-1-12 プラザハウス1F
098-933-1144
ランチ12時~15時(L.O.14時30分)
ディナー18時~23時(L.O.22時)
不定休
24席

そのほかおすすめは、ディナーメニューの「バビ・ブンブ・バリ」(1,300円)、「ランダン・サピ」(1,500円)、「フィッシュ・カレー」(1,100円)など


<毎日のランチや友だちや家族とディナーはいかがですか? 食楽サーチ一覧へ

[カテゴリー:ハーブ スパイス バリ料理]


編集/安里則哉
毎週木曜日発行・週刊ほーむぷらざ「第1531号2016年11月17日紙面から掲載」

レストラン

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
安里則哉

これまでに書いた記事:560

編集者
日々、課題ばかりですが、取材ではできる限り、対象者の人間性が引き出せたらと思い、仕事に努めています。食べることが大好き。そのためダイエットにも力を入れたところですが、いまだ実現せず(笑)。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る