スペイン風家庭料理を手軽に|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2023年9月14日更新

スペイン風家庭料理を手軽に|ごちそうレシピ

優しい味わいの「コーンとオクラのサラダ」やシンプルながら食べ応えのある「スペイン風オムレツ」、白ワインの風味で本格的な味わいの「アサリの白ワイン煮」の3品を紹介。手軽にスペイン風の家庭料理が楽しめ、おもてなしにもおすすめ。(松本料理学院教師:照屋裕子)

毎日のレシピ

タグから記事を探す
ドレッシングがアクセントに
コーンとオクラのサラダ
コーンとオクラのサラダ

【材料(4人分) 調理目安時間10分】

コーン(冷凍)………… 100g
オクラ………………………4本
カッテージチーズ…………60g
レタス…………………2枚ほど
塩……………………………適量

〈こしょうドレッシング〉
レモン汁………………大さじ2
ブラックペッパー(粗)…小さじ1
しょうゆ………………小さじ1
EXVオリーブ油………大さじ1/2
塩……………………ひとつまみ


【作り方】
 コーンは熱湯でサッとゆでて、水気を切り冷ましておく。オクラは包丁でガクを取り洗う。塩を全体にすり込んで産毛を取る。熱湯でゆでて、5ミリ厚さの小口切りにする=写真。レタスは一口大にちぎる。
コーンは熱湯でサッとゆでて、水気を切り冷ましておく。オクラは包丁でガクを取り洗う。塩を全体にすり込んで産毛を取る。熱湯でゆでて、5ミリ厚さの小口切りにする=写真。レタスは一口大にちぎる。

 こしょうドレッシングの調味料を混ぜ合わせる。

 コーン、オクラ、レタス、カッテージチーズを混ぜ合わせて器に盛り付け、ドレッシングをかける。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふわふわ食感に仕上げた
スペイン風オムレツ
スペイン風オムレツ

【材料(4人分) 調理目安時間25分】

卵……………………………6個
ジャガイモ…………………400g
玉ネギ………………………100g
牛乳……………………大さじ2
塩………………………小さじ1
ホワイトペッパー…………適量
ピュアオリーブオイル……適量
トマトケチャップ…………適量


【作り方】
 ジャガイモ、玉ネギは皮をむき、薄切りにする。ジャガイモは水にさらし、水気をふく。

 フライパンにオリーブオイルを1センチ程度注ぎ、火にかけ、ジャガイモに火が通り色づくまで揚げる=写真。その後、しっかりと油を切っておく。適量の油で、玉ネギを透明感が出るまで炒める。
フライパンにオリーブオイルを1センチ程度注ぎ、火にかけ、ジャガイモに火が通り色づくまで揚げる=写真(1)。その後、しっかりと油を切っておく。適量の油で、玉ネギを透明感が出るまで炒める。

 ボウルに卵を溶きほぐす。牛乳、塩、ホワイトペッパーで味付けして、2を混ぜる=写真。
ボウルに卵を溶きほぐす。牛乳、塩、ホワイトペッパーで味付けして、2を混ぜる=(2)。

 フライパンを熱し、オリーブオイルをなじませる。3を流し入れ、大きく混ぜて半熟状にして=写真、形を整えて弱火に落とし、ふたをして焼く。フライパンを揺すって動くまで加熱する。
フライパンを熱し、オリーブオイルをなじませる。3を流し入れ、大きく混ぜて半熟状にして=(3)、形を整えて弱火に落とし、ふたをして焼く。フライパンを揺すって動くまで加熱する。

 焼き色が付いたら、鍋よりも一回り小さい皿(またはふた)を卵にかぶせて返し=写真、裏面も色よく焼き上げる。
焼き色が付いたら、鍋よりも一回り小さい皿(またはふた)を卵にかぶせて返し=(4)、裏面も色よく焼き上げる。

 器に盛り付け、ケチャップを添える。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アサリのうまみたっぷり
アサリの白ワイン煮
アサリの白ワイン煮

【材料(4人分) 調理目安時間15分(砂出し時間を除く)】

アサリ(殻付き)…………600g
玉ネギ(小さめ)………1/2個
ニンニク…………………1/2片
トマト………………………1個
EXVオリーブ油…………25ml
白ワイン…………………80ml
ローリエ……………………1枚
塩……………………………適量
こしょう……………………適量
レモン…………………… 1/4個
パセリ………………………適量


【作り方】
 アサリはひたひたの海水程度の塩水でよく砂出しする(一晩砂出しする時は先にこすり洗いしてよい)。使う前にアサリの殻と殻をしっかりとこすり合わせながらきれいに洗う=写真。
アサリはひたひたの海水程度の塩水でよく砂出しする(一晩砂出しする時は先にこすり洗いしてよい)。使う前にアサリの殻と殻をしっかりとこすり合わせながらきれいに洗う=写真(1)。

 玉ネギ、ニンニク、パセリはみじん切りにする。トマトは湯むきし、ざく切りにする=写真。
玉ネギ、ニンニク、パセリはみじん切りにする。トマトは湯むきし、ざく切りにする=(2)

 ふた付きの鍋に油を熱し、玉ネギ、ニンニクを透明感が出るまで炒める。ローリエ、トマトも加え炒め=写真、アサリ、白ワインを入れる。強火にしてふたをし、アサリの殻が開くまで蒸し煮にする。
ふた付きの鍋に油を熱し、玉ネギ、ニンニクを透明感が出るまで炒める。ローリエ、トマトも加え炒め=写真、アサリ、白ワインを入れる。強火にしてふたをし、アサリの殻が開くまで蒸し煮にする。

 塩、こしょう、レモン汁(シークヮーサーでもいい)で味を調える。パセリを混ぜ込んで=写真=器に盛る。※汁にバゲットなどを浸して食べるのもいい。
塩、こしょう、レモン汁(シークヮーサーでもいい)で味を調える。パセリを混ぜ込んで=写真=器に盛る。※汁にバゲットなどを浸して食べるのもいい。

照屋裕子(松本料理学院教師)
『週刊ほ~むぷらざ』ごちそうレシピ
第1884号 2023年9月14日掲載

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4287

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る