夏にぴったり旬の味覚|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2023年7月27日更新

夏にぴったり旬の味覚|ごちそうレシピ

暑い夏にぴったりの旬の味覚を生かしたおもてなし料理。トロッとしてジューシーな「茄子(ナス)の田楽」、見た目も涼感を誘う「冷やしくずうどん」、いかの甘みがおいしい「いかの納豆あえ」、優しい味わいの「かぼちゃのお汁粉」を紹介します。松本嘉代子(松本料理学院学院長)

毎日のレシピ

タグから記事を探す
コクのあるみそが食欲そそる
茄子の田楽
茄子の田楽

【材料(5人分) 調理目安時間13分】

米ナス…………………2+1/2本
揚げ油…………………適量

白みそ(甘口)………大さじ5
砂糖……………………大さじ1
塩………………………小さじ1/2
みりん…………………大さじ1
だし汁…………………1/4カップ

卵黄……………………1個分


【作り方】
 米ナスは縦に二つ割りにして格子に切り込みを入れ=写真、180度の油で揚げる。
米ナスは縦に二つ割りにして格子に切り込みを入れ=写真(1)、180度の油で揚げる。

 鍋に白みそ、砂糖、みりん、だし汁を入れ、中火にかけてよく練る=写真。
鍋に白みそ、砂糖、みりん、だし汁を入れ、中火にかけてよく練る

 2を火から下ろし、卵黄を加えてよく混ぜる。

 1のナスに3の練りみそをたっぷりのせて供する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ツルっとさっぱりいただく
冷やしくずうどん
冷やしくずうどん

【材料(5人分) 調理目安時間15分】

芋くず……………………1カップ
牛乳………………………200ml
水…………………………3カップ

〈つけ汁〉
だし汁……………………1+1/4カップ
しょうゆ…………………大さじ6
みりん……………………大さじ4

〈薬味〉
ネギ(薬味切り)………少々
ショウガ…………………少々
ワサビ……………………少々

【作り方】
 つけ汁の調味料を鍋に入れて煮立てた後、冷やしておく。

 ボウルに芋くず、牛乳、水を入れてかき混ぜ=写真上、芋くずが溶けたら裏ごしして火にかけ、焦がさないように木杓子で混ぜながら=写真下=鍋肌から離れるまでよく練る。
つけ汁の調味料を鍋に入れて煮立てた後、冷やしておく。
ボウルに芋くず、牛乳、水を入れてかき混ぜ=写真上、芋くずが溶けたら裏ごしして火にかけ、焦がさないように木杓子で混ぜながら=写真下=鍋肌から離れるまでよく練る。

 絞り出し袋に丸型の口金を着けて、2を熱いうちに入れ=写真上、氷水の中に絞り出しながら=写真下=食べやすい長さに切る。
絞り出し袋に丸型の口金を着けて、2を熱いうちに入れ=写真上、氷水の中に絞り出しながら=写真下=食べやすい長さに切る。
絞り出し袋に丸型の口金を着けて、2を熱いうちに入れ=写真上、氷水の中に絞り出しながら=写真下=食べやすい長さに切る。

 ガラスの器に氷水を張って、3を盛り、つけ汁と薬味を添えて供する。
  ★絞り出し袋を使わず、流し缶に流して冷やし固め、適宜に切ってもよい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シソの風味がアクセント
いかの納豆あえ
いかの納豆あえ

【材料(5人分) 調理目安時間5分】

白イカ(刺し身用)…………80g
納豆(挽きわりでも可)……100g
卵………………………………1個

しょうゆ………………………小さじ2強
和からし………………………少々
わけぎ…………………………5本

シソ……………………………5枚
穂ジソ…………………………5本

【作り方】
 白イカは薄皮をとって3センチの長さのせん切りにする。

 納豆は細かく刻んでよく混ぜ、粘りを出しておく。わけぎは小口切りにする。

 ボウルに2の納豆と白イカ、溶き卵を入れて混ぜ合わせる。

 3にしょうゆ、和からし、小口切りにしたわけぎを加えてさらに混ぜる。

 器にシソを敷き、4の「イカの納豆あえ」を盛りつけ、穂じそを添える。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なめらかで程よい甘さ
かぼちゃのお汁粉
かぼちゃのお汁粉

【材料(5人分) 調理目安時間10分】

カボチャ………………200g(正味)
水………………………かぶる程度
砂糖……………………大さじ3~4
シナモン………………少々

吉野くず………………大さじ1
水………………………大さじ3

【作り方】
 カボチャは種と皮を取って軟らかくなるまでゆで、ゆで汁ごとミキサーにかける。

 1を鍋に入れて火にかけ、砂糖とシナモンを加える。

 2に吉野くずの水溶きを少しずつ加え、ゆるやかな濃度をつけて仕上げる。
  ★吉野くずを加えることで、なめらかな食感が楽しめる。

仲村公子(松本料理学院講師)
『週刊ほ~むぷらざ』ごちそうレシピ
第1877号 2023年7月27日掲載

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4287

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る