[グルメな“お店”紹介]職人の技が詰まった和食|ざまみ食堂たろう(うるま市兼箇段)|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

食堂

2023年7月27日更新

[グルメな“お店”紹介]職人の技が詰まった和食|ざまみ食堂たろう(うるま市兼箇段)

きょうは何を食べよう? ちょっと気になるグルメな「お店」をご紹介。
funokinawa・食楽Search(735)

人気ナンバーワンメニューの「三昧定食」(1400円)は、人気トップ3のおかず、天ぷら、チキン南蛮、もろみ焼きの豪華ラインアップ。日替わり小鉢や茶わん蒸し、ドリンクも付いて、ボリューム満点
人気ナンバーワンメニューの「三昧定食」(1400円)は、人気トップ3のおかず、天ぷら、チキン南蛮、もろみ焼きの豪華ラインアップ。日替わり小鉢や茶わん蒸し、ドリンクも付いて、ボリューム満点
 

手間暇かけた下処理がおいしさの秘訣

ホテルの和食レストランで28年腕を振るってきた座間味清司さんが、昔からの夢だった食堂を家族と共にオープンさせた「ざまみ食堂たろう」。手間を惜しまず、時間をかけて丁寧に下ごしらえしたバラエティー豊かなメニューを用意している。

一番人気の「三昧定食」は、人気メニューを一度に味わえるぜいたくな定食。鶏肉の筋を丁寧に取り除いて下処理した「チキン南蛮」は、外はカリカリ、中は驚くほどふわふわ。6時間煮込んだ軟骨ソーキをもろみみそや野菜で作ったもろみタレで焼いた「もろみ焼き」は、箸で切れるほどトロトロで軟らかい。上品な味のだしを使った茶わん蒸しや野菜の細かい飾り切りなど、随所に丁寧な仕事ぶりが感じられ、これまで培った技術を惜しみなく生かした料理が五臓六腑(ろっぷ)に染みていく。

味も見た目も本格的な和食をアットホームな雰囲気の中で楽しめると、地元客を中心に連日にぎわっている。「料理を運ぶと、お客さんの歓声が厨房(ちゅうぼう)まで聞こえてきて、それが一番うれしいです」と話す座間味さん。夕飯のおかずにぴったりな単品メニューは持ち帰り可能。「三昧弁当」(1000円)は、前日までに要予約(大量注文不可)。料金は全て税込み。
 
テーブル席、カウンター、座敷があり、週末は家族連れにも人気
テーブル席、カウンター、座敷があり、週末は家族連れにも人気
 
店の外観。大通りからすぐの場所に立ち、アクセスも便利。駐車場も広々
店の外観。大通りからすぐの場所に立ち、アクセスも便利。駐車場も広々
 
座間味夫妻と娘さんたちで営むアットホームな雰囲気の食堂。おかみのかおりさんが笑顔で出迎えてくれる
座間味夫妻と娘さんたちで営むアットホームな雰囲気の食堂。おかみのかおりさんが笑顔で出迎えてくれる


ざまみ食堂たろう

うるま市兼箇段1331-7
電話=090(1940)9028

営業時間
11時~15時(L.O.)

定休日
日曜、月曜

[全面禁煙][駐車場][座敷]

<毎日のランチや友だちや家族とディナーはいかがですか? 食楽サーチ一覧へ


取材/松島成子(ライター)
毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1877号 2023年7月27日紙面から掲載」

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4292

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る