[グルメな“お店”紹介]こだわり食材のタイ料理|タイ料理レストランBenjarong(ベンジャロン)宜野湾市真志喜|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

専門店

2023年4月27日更新

[グルメな“お店”紹介]こだわり食材のタイ料理|タイ料理レストランBenjarong(ベンジャロン)宜野湾市真志喜

きょうは何を食べよう? ちょっと気になるグルメな「お店」をご紹介。
funokinawa・食楽Search(729)

手前左から時計回りに「トムヤムヌードル」(ランチ1150円、ランチセット1500円、ディナー1408円)、「前菜盛り合わせNo.1」(1485円)、「ソムタム パパイヤサラダ」(1320円)、「グリーンカレー」(ランチ1150円、ランチセット1500円、ディナー1320円)
手前左から時計回りに「トムヤムヌードル」(ランチ1150円、ランチセット1500円、ディナー1408円)、「前菜盛り合わせNo.1」(1485円)、「ソムタム パパイヤサラダ」(1320円)、「グリーンカレー」(ランチ1150円、ランチセット1500円、ディナー1320円)


無農薬の県産野菜やハーブがたっぷり

やんばる若鶏、タイ香り米、米油、琉球EM卵、無農薬ハーブの他、県産無農薬野菜をふんだんに使ったメニューを提供するタイ料理レストラン「Benjarong(ベンジャロン)」。オーナーの登川グラディスさんは、県内のタイ料理店で15年働いた経験を生かし、2020年に開店。医食同源の考えに基づき、安心安全を第一にオーガニック食材にこだわっている。古くから薬草として使われているパクチー、抗菌や美肌効果が期待できるレモングラスなど、タイ料理でおなじみのハーブをたっぷり使っており、健康意識が高いお客さんに好評。

米粉を使った麺料理、炒め物、揚げ物など、約70種類のメニューは、万人受けするバンコクの味付けが基本。ベジタリアンメニューやグルテンフリーのメニューも用意しており、アレルギー対応も可能。辛さは控えめなので、老若男女問わず気軽に本場タイの味を楽しめる。

野草や果物など厳選素材を発酵したエキスを使った「酵素タイラッシー」(650円)や、スーパーフードと呼ばれるモリンガを使った「モリンガドリンク」(500円)など、ヘルシーなドリンクも人気。フードメニューは全て持ち帰りOK。混み合う時間帯は電話予約がおすすめ。料金は全て税込み。

タイを代表するスピリッツ「メコン」(左端)や、タイのビールもそろっている
タイを代表するスピリッツ「メコン」(左端)や、タイのビールもそろっている
 
国内外で30年以上経験を積んだシェフのウッディーさんらスタッフが明るい笑顔で接客
国内外で30年以上経験を積んだシェフのウッディーさんらスタッフが明るい笑顔で接客

カウンター9席、テーブル50席と広々。テラス6席は喫煙可能
カウンター9席、テーブル50席と広々。テラス6席は喫煙可能


タイ料理レストラン Benjarong

宜野湾市真志喜3-17-12
電話=098(988)8751

営業時間
ランチ11時~15時(L.O.14時30分)
ディナー17時~(フードL.O.21時30分、ドリンクL.O.22時)

定休日
火曜

駐車場
7台

[全面禁煙]

<毎日のランチや友だちや家族とディナーはいかがですか? 食楽サーチ一覧へ


取材/松島成子(ライター)
毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1864号 2023年4月27日紙面から掲載」

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4292

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る