SIMATABI タイ王国その②|チャイナエアライン|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

毎日を楽しく

旅行

2019年3月28日更新

SIMATABI タイ王国その②|チャイナエアライン

那覇空港発のチャイナ エアラインで台北を経由しタイへ。首都バンコクを中心に、最新の商業施設やホテルの開業が増え、歴史ある寺院や建造物が「写真映えするスポット」として取り上げられることも多くなった。今回は歴史と新鮮さを感じられるタイの魅力を紹介する。


鉄道市場内の屋台。フルーツや総菜、雑貨などさまざまな屋台が並ぶ


鉄板で焼いたモヤシとカキの卵とじのような料理。優しい味で食べやすい


オレンジ色のベストを着用しているのがバイクタクシーの目印。通勤や通学で 利用する人が多い


「ワット・パクナム」の外観(緑のガラスの塔が中にある)


「アイコンサイアム」の店内。タイ国内の有名ブランドのショップや世界的なブランドの店舗が並ぶ


チャオプラヤー川沿いに建つタイ国内で最大規模のデパート「アイコンサイアム」


チャオプラヤー川の水上船


タイの飲食店では定番のパパイヤサラダ。フルーツのスムージーも手軽に購入できる


パタヤの街並み。水色や黄色など鮮やかな色の建物が目立つ


ショッピングモールとホテルが一緒になったパタヤの複合施設


パタヤの飲食店が集まる広場で店頭に並べられた魚介類。海に面するパタヤでは、新鮮な魚介類を求めてくる観光客も多い


「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」の壁面。手作業での彫られている


地元の人が食品などを購入するスーパーマーケット


ホテルの高層階から見るバンコクの夜景



【取 材 協 力】

タイ国政府観光庁
福岡事務所
電話092・260・9308
https://www.thailandtravel.or.jp/

チャイナ エアライン沖縄支店
電話098・863・1013
https://www.china-airlines.com/jp/jp


歴史と新しさ融合するタイの魅力

旅行

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
比嘉知可乃

これまでに書いた記事:61

新人プランナー(企画・編集)
1990年生まれ、うるま市出身。365日ダイエット中。
真面目な話からくだらない話まで、「読んだ人が誰かに話したくなる情報」
をお届けできるように頑張ります!

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る