ビオスの丘スケッチウィーク2018「感じる心生き生きと」|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

毎日を楽しく

体験・遊ぶ

2018年8月30日更新

ビオスの丘スケッチウィーク2018「感じる心生き生きと」

自然豊かな園内で、風景や動植物を描く「ビオスの丘スケッチウィーク2018」(主催・ビオスの丘、共催・タイムス住宅新聞社、協賛・FMうるま、ぺんてる、後援・うるま市教育委員会ほか)が2018年7月21日から2018年8月12日まで開催された。今年は台風の影響で天候が左右されたが、304点の応募があった。

ビオスの丘スケッチウィーク2018

審査員の知念秀幸さん(タイムスカルチャースクール講師、沖展絵画部会員)は「園内の豊かな表情が表れていた。今年は同じ動物でも構図にバリエーションがあった。中にはケータイのカメラ機能などで、撮った写真をもとにして描いたことがうかがえる絵もあり、新しい時代の発想が絵に表れていた」と総評した。
イラストレーターの安里淳子さんは、「動物の生き生きした表情や雄大な景色があり、ビオスの丘らしさが随所に出ていた。描いているときにアドバイスが受けられたら、もっと子どもたちのみずみずしい感性が絵になったと思う。上手なのに完成していない作品もあり、しっかり最後まで仕上げるともっと良くなる」とアドバイス。
入賞作品は2018年9月30日(日)までビオスの丘にあるガーデンセンターで展示される。優秀賞・各賞の受賞者を紹介する(敬称略)。


優秀賞受賞者(順不同)


0~3歳
いけはらここの(うるま市)


4~6歳
上原さくらこ(那覇市)


1年生
友寄佑一(那覇市)


2年生
大城えりな(うるま市)


3年生
崎山しんじ(うるま市)


4年生
大嶺こいの(うるま市)


5年生
友寄莉沙(那覇市)


6年生
田場梨央奈(うるま市)


FMうるま賞
浦崎未羽(沖縄市)


タイムス住宅新聞社賞
伊礼敏則(西原町)



受賞者一覧(賞別、順不同)
優良賞
ひらた なる(宜野座村)
いけはら こころ(うるま市)
青木 多聞(北谷町)
宮野 紗綾(那覇市)
いけはら ここね(うるま市)
田場 義典(うるま市)
屋嘉比 媛(うるま市)
高山 結音(うるま市)

ビオス賞
岡村 哲(浦添市)
納山 純菜(うるま市)
大島 雅樂(うるま市)
崎山 祥一(うるま市)
大山 美咲(金武町)
友寄 寿代(那覇市)
大城 映美(沖縄市)
比嘉 尚子(金武町)
前原 鈴加(うるま市)
金城 海夏人(うるま市)

入選
たかみやぎ ちさ(浦添市)
宮城 龍(うるま市)
ありむら りょうま(うるま市)
金城 連(うるま市)
吉村 知夏(うるま市)
たかみやぎ ひばり(浦添市)
ありむら あおい(うるま市)
具志堅 孔太郎(うるま市)
かでかる めい(うるま市)
いのうえ まひろ(うるま市)
いけい はやて(うるま市)
ひがしもり るりあ(うるま市)
池原 ここみ(恩納村)
喜納 やまと(八重瀬町)
かでかる ひなた(うるま市)
なかむら あい(うるま市)
くぼた ゆいの(うるま市)
金武 銀杏(うるま市)
玉城 大琉亜(読谷村)
井上 直亮(うるま市)
有村 蒼介(うるま市)
喜納 理心(八重瀬町)
徳田 莉子(うるま市)
たいら あきひ(うるま市)
たいら あんじぃ(うるま市)
座間味 りん(うるま市)
岡村 そら(浦添市)
安慶名 夕槻(うるま市)
山川 月菜(うるま市)
津口 琉依(与那原町)
まきや えいど(北谷町)
西銘 ひろの(南風原町)
後藤 はな(浦添市)
津口 優李亜(与那原町)
阪口 良誓(恩納村)
伊計 悠斗(うるま市)
仲村 真梨菜(うるま市)
平田 璃奈(宜野座村)
吉本 百那(沖縄市)
當間 友湊(うるま市)

おめでとうございます!!


<過去一覧>

 


週刊ほーむぷらざ
第1623号 2018年8月30日に掲載

体験・遊ぶ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
ぎだちゃん

これまでに書いた記事:107

プランナー(企画・編集)
「自由に生きたい」。そのためには健康や豊かさについての情報を知ることから始まると思っています。だからこそこのサイトでの情報発信して、お伝えしていきたいと思っています。アメリカ南部をこよなく愛し、ゴスペルを歌うお弁当男子。あ、基本はハチャメチャな感じです。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る