[メーク術]今こそ美白ケアの始め時!|美makeup|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2023年2月23日更新

[メーク術]今こそ美白ケアの始め時!|美makeup

[美makeup]執筆/平良芽依美(資生堂ジャパン(株)沖縄オフィス) 

今こそ美白ケアの始め時!

美白()ケアは、夏の紫外線が強い時期さえしていれば万全! と思っていませんか? 紫外線は一年中降り注ぎ、なんと3月は9月と同等の紫外線量と言われています=下グラフ。

美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと。



また、2~3月の肌色は、年間でも最も明るい傾向があり=上グラフ、その透明感をこの先もキープすることが美肌の近道。つまり、年間を通して美白ケアを継続することが大切です。「冬の間、美白ケアをお休みしてしまっていた」という方も、「最近くすみやシミが気になり始めた」という美白初心者の方も、ぜひ美白ケアを始めてみませんか。まずは、今の肌にどんな美白ケアが必要なのかをチェックしましょう=下表。


肌状態をCHECK!

最近、肌でこんなことを感じていませんか?

 化粧水をつけてもなじみが悪い
 保湿しても時間がたつと乾いて、肌がカサカサになる
 疲れている訳ではないのに、肌がどんよりした印象に見える
 シミが気になる。だんだん濃くなっている
 紫外線を浴びる時間が年間通じて多い
※当てはまる項目によって必要な美白ケアは、本文にて解説

青の項目に当てはまった方は、「乾燥くすみ」で透明感がなくなっている可能性があるため「基本の潤いケア」が重要。さらに赤の項目にも当てはまる方は、本格的な「スペシャルケア」をプラスして、シミの発生原因に立ち向かいましょう。


乾燥くすみに基本の潤いケア

乾燥を防ぐには、化粧水と乳液でしっかり肌を保湿することが大切です。潤いに満ちた肌は、透明感をもたらすだけでなく、紫外線をバリアし、ダメージを受けにくくなります。

さらに、最新の知見から、透明感の鍵となる「素肌でおこる光の反射」に着目した美白化粧水・乳液も登場しています。潤いがあり、光をきれいに反射する肌に整えることで、内側から輝くような透明感を実感できるので、しっかりお手入れしていてもなかなか透明感を感じにくいという方は要チェックです。


美白美容液でスペシャルケア

基本の潤いケアに美白美容液をプラスすることで、効果的にシミ・そばかすを防ぎ、透明感あふれる美肌に近づけます。

美白美容液とは、シミの発生原因であるメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを予防する「美白有効成分」を配合した美容液のこと。美白ケアは潤いのある肌でこそ効果を発揮するので、美白+保湿力の両方が備わっているものを選ぶことも重要です。種類がたくさんあってどれが良いか分からない…という方は、化粧品カウンターなどで相談すると、肌状態にあった美白美容液を選べますよ。

もちろん、毎日の紫外線対策も忘れずに。生活や肌状態にあった美白化粧品を選んで、効果的にお手入れを取り入れてみてください。日々の積み重ねが、明日の透明美肌につながるでしょう。
 

「週刊ほ~むぷらざメーク」係


『週刊ほ〜むぷらざ』美makeup
第1855号 2023年2月23日掲載 毎月第4週に掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4287

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る