「春はいま」|本村ひろみのコラム|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

COLUMN

本村ひろみ

2019年4月5日更新

「春はいま」|本村ひろみのコラム

フリーパーソナリティーの本村ひろみさんが、暮らしを楽しむアンテナを巡らせて日々の沖縄・風景をレポートします。fun okinawaコラム「おきなわ暮らし散歩 Vol.53



「春はいま」
 
“春眠暁を覚えず”
 春の光は柔らかく、瞼(まぶた)にやさしく降りそそぐので幸せな夢をみせてくれる。
目を開けると窓の外は薄い水色の空。
おはよう。いつの間にか世界はパステルトーン。
鳥のさえずりに混じって駐車場からエンジン音が次々聞こえては遠のいていく。



さぁ活動開始!
気候の良さは心身に影響して、シャワーに入っている時もバスを待っている時も、自然に歌を口ずさんでいる。すべて春の陽気のせい。
「この季節がずっと続けばいいのに。」
毎年、春が巡ってくるたびにそう願っても、時の流れは無情に急ぎ足で次の季節を迎えに行く。だから、2019年の「春」は、いまこの瞬間!
どうぞ忘れずに。



さて、先日潮干狩りに行った親戚から鮮やかな緑色のアーサを頂いた。
新鮮なうちにと、たっぷりのかつおで出汁(だし)をとって、きれいに洗ったアーサと小さく切った豆腐、そして塩としょうゆで味を調え、お椀いっぱい頂いた。簡単でおいしい旬のお吸い物。鍋から磯の香りがたちあがり、一瞬、春の海が目の前に広がった。
4月の週末は、7日の浜下りをはじめ、親戚みんなで清明祭(シーミー)もある。
春のピクニックで海も山もにぎわいますね。


この春人気のウエストポーチ型のボディーバッグ。
体の前に斜めがけする小ぶりのバッグで小さいお財布にスマホ、リップにハンカチくらいでパンパンになるけど、なんたって両手があくのでピクニックやレジャーにはもってこい。取材は荷物が多くて肩こりするけど、ボディーバッグで出かける時の自由な気分といったら!
音楽を聞きながら軽快に公園や路地を歩くと、美しい草花がほほ笑みかけてくるので(そんな風に見える)ついついシャッターを押す。
だからこの季節、携帯のアルバムには花の写真が増えていくのです。







春は冬の合間に顔を出しながらゆっくり訪れ、夏は梅雨を追い越してある日突然やってくる。夏の日差しに目くらましされているうちに秋は静かに世界の色を変え、一年最後の暦で冬を知る。
 



もうすぐ新しい時代がやってくる。
雅な歌から生まれた元号は、きっとその時代に美しい花を咲かせることでしょう。
香り立つ梅の花のように。
 

本村ひろみ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
本村ひろみ

これまでに書いた記事:35

ロマンチストなラジオDJ
那覇市出身。清泉女子大学卒業、沖縄県立芸術大学 造形芸術研究科修了。現在、ラジオ沖縄「GO! GO! ダウンタウン国際通り発」「We love yuming2(毎週 日曜日 19時~20時)」でパーソナリティーを務める。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る