[うちのこ自慢]「30期生」と伊波京子さん|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

わたしらしく

My Style

2020年6月11日更新

[うちのこ自慢]「30期生」と伊波京子さん

[うちのこ自慢 vol.15]
部屋のあちこちに置かれた水鉢にたくさんのグッピーやプラティが元気よく泳いでいる。「この鉢の中に小さな社会があって、観察していると飽きないの」。ライフスタイルプランナーの伊波京子さんが声を弾ませる。


「ガラスの鉢と緑の水草に赤いプラティがよく映える」と伊波さん。尾びれに黒い模様があるのがオス

小さな社会に夢中

「はーい、みんな、マンマンにしようねー」。伊波さんが餌を持って呼び掛けると、鉢の中の小さな魚たちは活気づき、声の方へと集まってくる。「体の大きいボスが、真っ先に食べるの。他が先に食べようとするとボスが怒って突っつくから、みんな遠慮して下の方で食べている。観察していると、気の強い子や弱い子、団体生活が苦手な子、モテないけどしつこい子など性格はいろいろ。恋愛バトルも起きたり、おもしろいのよ」と楽しそうに話す。

別の小さな鉢にいる3匹のグッピーは、3日前に生まれたばかり。「赤ちゃんは餌と間違われないように守ってあげないといけないの。ベテラン組と違ってまだ餌やりを覚えてないから声を掛けても動きが鈍いわね」と笑う。

14年前、5匹の「1期生」が子孫を増やし続け、プラティは30期生、グッピーは25期生まで数えた。「最期の時は、今まで楽しませてくれてありがとうと声を掛け、お墓を作ってあげられない代わりに、コットンの布団にくるみ、さらに紙やビニールで包んでお別れします」と話す。

伊波さんは故郷やんばるでの生活経験を生かし、日々の暮らしに自然を取り入れ五感で楽しむライフスタイルを提案している。「動植物のある暮らしは感性が豊かになる」と話し、グッピーやプラティは「私にいろいろな気付きを与え、考えさせられる。生活に張り合いも出るし、心を癒やしてくれる大切な存在」と優しくほほ笑んだ。

元気の源&魚の睡眠


「コンテナスタイルオーガスタ」と「オーヴ杏」を営む伊波さん。「仕事で疲れても小さな魚たちが元気をくれる」と話す


夜になると魚たちは、水草のベッドの上でじっとして眠る。水草は他にも魚たちに酸素を与え、水を浄化するなど大きな役割があるという
 



myペット


ラブちゃん、ナナちゃん
宮城家の大切な家族! ナナちゃん5歳♡ ラブちゃん3歳♡ これからもたくさん思い出作ろうね。大好きだよ! A・M(うるま市)|種類・共にトイプードル


ナミ
毎日癒やしをくれるナミちゃん! 最近散歩も上手になりました。最高なパートナーです!  上原(糸満市)|種類・ダルメシアン


『ペットの写真募集』
携帯電話で撮影した写真は、大きめの画像サイズで。住所、氏名(紙面ではイニシャルか姓だけか匿名か希望を)、連絡先、ペットの名前、種類、オス・メスの性別、年齢、50文字以内のコメントを添えて h.home.jht@gmail.com までメールを。


取材/赤嶺初美(ライター)
『週刊ほ〜むぷらざ』うちのこ自慢<15>
第1714号 2020年6月11日掲載

My Style

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2214

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る