陽の氣補い南国リゾート|ファブリックで華やぐリビング~琉球風水でエレガントに~⑤|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

わたしらしく

スキルアップ

2020年3月26日更新

陽の氣補い南国リゾート|ファブリックで華やぐリビング~琉球風水でエレガントに~⑤

[水 青色がテーマカラー]今回は、青色がテーマカラーのファブリックコーディネートです。風水の五行では、職業運、住居運をつかさどる「水」に属する色。寒色系のテーマカラーを壁のアクセントクロスや家具に使ったLDKを例に、陰陽を調和させるポイントを四つのステップで解説します。


壁と家具にテーマカラー

青色は「水」の氣を表す色の一つで、職業運や住居運を高める空間づくりに役立ちます。青は寒色系で、陰性のエネルギーが優勢な色。陽の空間であるリビングで使う場合は、寒々しい印象にならないよう使う範囲を抑えます。さらに家具、壁紙、ファブリックには明るい色、暖かみのある色、濃い色、鮮やかな色、華やかな柄を選んで、意図的に陽の氣を補うことが、心地良く整えるポイントです。

私がファブリックコーディネートに入ったお部屋は、テーマがビーチリゾートと決まっていて、壁の一面だけ淡い青で、ほか三面の壁や天井は明るめのベージュでした。空間が寒々しくならないよう、広範囲に使うベースカラーには明るい色、暖かみのある色を意識して選び、心が明るくなるよう陽の氣を補うコーディネートにしました。


Step1.カーテンはベースカラーに

カーテンはベースカラーとして、明るいベージュの無地を選びました。ベージュは沖縄の白い砂浜をイメージさせる暖かみのある色です。青とも相性が良く、海や自然の雰囲気を感じさせながら、陽の氣を補ってくれます。


Step2.タッセルは濃い青で

タッセルは華やかなデザインの濃い青で、陽の氣をプラス。空間のアクセントにしています。


Step3.クッションで華やぎと暖かみ

クッションは、鮮やかなターコイズブルーに、シルバーがかった華やかな柄が描かれた生地を選んで陽の氣をプラスしています。さらに、暖かみを出すため、ウォールデコレーションで使っているブーゲンビレアの色に合わせて、マゼンタピンクのクッションを添えました。陽性のエネルギーを持つ暖色系をアクセントとして取り入れることで、空間が華やかな印象になります。


Step4.ウォールデコで相乗効果

テーブルマットは、ターコイズブルーのクッションと同じ生地でコーディネートしました。壁には、南国をイメージさせるプルメリアやブーゲンビレアなど、暖かみのある色合いのアーティフィシャルフラワーをアレンジしたウォールデコレーションを掛けて、陽のエネルギーをプラス。マゼンタピンクのクッションとの相乗効果で、コーディネートに統一感と華やかさが生まれました。


Before。壁の一面に淡い青、ほか三面は淡いベージュの木目調の壁紙が使われたLDK。ソファーは紺色で、明るいベージュの無地のカーテンには、共布のタッセルがかかっていた


After
 

After。濃い青色で、クリスタル調の飾りが華やかさを増すアクセントに



水の氣と相性のいいアイテム
流線形、曲線/ガラス、不定形のもの/青、白、水色、ピンク/魚、帆船、カメなど


 暖かみのある花を織り交ぜ 沖縄の風景をイメージ 
青い海と空に、鮮やかな緑や花々が映える沖縄の風景をイメージしたウォールデコレーション。オフホワイトのプルメリア、マゼンタピンクのブーゲンビレア、暖色系のアーティフィシャルフラワーを組み合わせたアレンジを、淡いブルーの壁に掛けることで、空間に暖かみと華やかさが加わる



プロフィル
よこかわ・あきこ
暮らしの質を向上させ、幸福な人生をデザインするロンジェ®️琉球風水アカデミー学長。琉球風水師、風水空間プロデューサーとして講演なども行う。
https://longe.jp/

記事一覧
 

毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1704号 2020年3月26日紙面から掲載」

スキルアップ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1956

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る