バックで駐車するコツは?|入れたい側に寄せて角度をつけてバック|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

わたしらしく

特集

2020年3月5日更新

バックで駐車するコツは?|入れたい側に寄せて角度をつけてバック

あなたの声に応えます![21]
バックで駐車するのが苦手、という人は少なくない。糸満自動車学校の湧稲国(わきいなぐに)直樹さんに、バックで駐車する際のコツを教えてもらった。

Q.バックで駐車するコツは?

A.入れたい側に寄せて角度をつけてバック


無駄を省きスムーズに駐車

湧稲国さんは、「バックで駐車するのが苦手な人は、前に進み過ぎたり、角度の調整がうまくいかずに、無駄な動作をしていることが多いです。コツさえ押さえれば、無駄を省きスムーズに駐車できますよ」と話す。

バックで駐車する際のポイントを教えてもらった=下図参照。

まずは前進して、車をできるだけ入れたい側に寄せる。その後、車に適切な角度をつけ、ハンドルを切ってバックする。「基本的にはバックミラーを見ながら調整します。ただし、ミラーは見える範囲が狭いので、目視で周囲の安全を確認することを忘れずに」と湧稲国さん。

ハンドルを切るタイミングは運転者や車種によって違いがあるそうなので、調整しながらトライしてみよう。

車幅、長さを把握

バックに限らず、運転の上達には「車の幅や長さを把握し、空間認識を高めることが大切です」と湧稲国さん。「運転では、実際には見えないタイヤをどう認識して、コントロールするかがカギになります」

車体の感覚をつかむ練習方法は、あるのだろうか。「広くて安全な場所で、白線をタイヤで踏んでみてはどうでしょう。実際の車の動きと頭の中のイメージを近づけるのに役立つと思います」とアドバイスする。

また、安全運転のために心掛けたいことが、運転前の確認だという。「車は予想以上に死角があって、運転席から見えない場所は前後にも左右にも多い。バックで駐車する時だけでなく、車を発進する時はいつでも乗車前に周囲を確認することを習慣にしてください」


バック駐車の手順



糸満自動車学校二輪主任技能検定員の湧稲国直樹さん


疑問、質問お寄せください!

読者のみなさまの疑問、質問、気になることを記者が調べます! どんどんお寄せください。

〒900‐0015 那覇市久茂地2‐2‐2 タイムスビル10階 タイムス住宅新聞社「週刊ほ~むぷらざ あなたの声」係。メール h.home.jht@gmail.com ファクス098‐860‐6677
 
編集/栄野川里奈子
『週刊ほ〜むぷらざ』あなたの声に応えます!
第1701号 2020年3月5日掲載

特集

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:236

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

TOPへ戻る