ラグナガーデンホテル取締役総支配人の斎藤達也さん|みんなが楽しく働ける場に|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

わたしらしく

企業紹介

2019年11月21日更新

ラグナガーデンホテル取締役総支配人の斎藤達也さん|みんなが楽しく働ける場に

沖縄の魅力を発信する企業を紹介。vol.269
北海道のグループホテルから宜野湾市にあるラグナガーデンホテルに赴任し、ことしで2年目を迎える取締役総支配人の斎藤達也さん(56)。「現場をバックアップしたい」との思いが強く、時間を見つけては現場に足を運ぶ。笑顔で接客するのはもちろん、「みんなが楽しく働いてほしい」とスタッフに「調子はどうだい」、「困っていることはない?」などと気さくに声をかけ、その場を和ませている。

みんなが楽しく働ける場に

ラグナガーデンホテル
取締役総支配人
斎藤達也さん



客室リノベし落ち着く空間

Q.ホテルの特徴は?
A.ホテルがある宜野湾市は、那覇市のようなシティーの要素と恩納村のようなリゾートの要素を併せ持つ地域。家族連れを中心にカジュアルな格好をしたリゾート目的のお客さまから、会議などビジネスのためにフォーマルな格好でいらっしゃるお客さままで、幅広い方々が利用されています。
また、立食では最大千人収容でき県内でも最大級の大宴会場を設置。室内プールがあるのも大きな売りで、雨が降っても台風の時でも館内で遊べるところも、みなさんに喜んでいただいています。

Q.客室をリノベーションしたそうですね。
A.イーストウイング館のツインタイプ88室、ダブルタイプ11室の計99室をリノベーションし、ことし8月にオープンしました。
ポイントは沖縄の自然にある風景を柄や模様に盛り込んだこと。壁紙には、広大な海を表現した青と砂浜をイメージしたベージュの2色が使われ、カーペットにはヤシの葉模様があしらわれています。さらに、琉球石灰岩が積まれたイメージのヘッドボードも配置するなど、沖縄らしさを演出しています。お客さまには「南国らしく、ゆったり落ち着ける」と好評いただいています。

Q.今後の抱負は?
A.今後も、ホテルスタッフみんなが楽しく働ける場を作っていきたい。また、大きな宴会場をもっと有効活用したいと思います。結婚式をはじめ、MICEやお客さまから要望の多いディナーショーといったイベントを、年間を通して積極的に行っていきたい。
さらに、地域と連携して中部エリアを盛り上げたいと、北谷町や沖縄市など近隣のホテル間で定期的に情報交換を行っています。例えば、コンサートや祭りなど近隣エリアの情報を把握することで、お客さまの流れを予測できるといった利点があります。今後も地域と連携して中部エリアを盛り上げていきたいと思います。


リノベーションした客室。沖縄らしい柄や模様が壁やカーペットに盛り込まれている


バリエーション豊富な料理楽しむ


ホテル自慢の料理は、県内では数少ない和食ランチブッフェ(大人1780円~)をはじめ、洋食や中華、網焼きのレストランにバー、ラウンジを完備。バリエーションが豊富で、いろいろなスタイルで飲食が楽しめるようになっている。


<問い合わせ>
ラグナガーデンホテル
098‐897‐2121


『週刊ほ〜むぷらざ』発信!沖縄の魅力ー未来をつくる企業ー<269>
第1686号 2019年11月21日掲載

企業紹介

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1810

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る