[ペットと暮らす]城間直代さんとあんふ&テラ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

My Style

2019年2月14日更新

[ペットと暮らす]城間直代さんとあんふ&テラ

ペットとわたしの暮らし方「いつもいっしょ。vol.102」
保護した2匹の兄弟猫あんふ、テラと暮らす城間直代さん(41)。「人生初のペット。猫を飼ってから暮らしや思考も変わり、交流も広がりました。この子たちのおかげ。すっかり親バカです」と笑顔で話す。


あんふを抱き笑顔の城間さん。もう1匹の愛猫テラは人見知りが激しく、最後まで姿を見せなかった=北中城村の自宅
 

猫グッズ増えました

「自宅周辺に野良猫が多い」と話す城間さん。

3年前、妊娠した猫をよく見掛けるようになったが、そのうち自宅の床下で1匹の子猫の鳴き声が続くようになった。放っておけず保護したものの、動物を飼った経験がなかった城間さんは「すごく戸惑った」と苦笑する。里親を募集したが、なかなか見つからない。「そのうち情が移っちゃった」と笑う。

あんふを飼うようになって1年後、あんふの母親猫が再び出産。弟猫テラが城間家に新しく加わった。「毎日、とても癒やされています」と城間さん。愛猫との日常はSNSでも発信しており、「ネットを通じ、県内外のたくさんの人と交流が生まれました」と目を細める。

着物愛好者で「猫デザインの着物や小物を見ると思わず買ってしまう。前から着物好きは猫好きが多いと思っていたけど、まさか自分がそうなるとは」と自分の変化にも驚く。着付けのときに揺れる着物の裾やひもにまとわりつくあんふとの格闘を「大変だ」と話す口調は面白そう。

「猫は人間の都合を待ってくれないし、予定外のことも起きるから、向き合う余裕も必要。教えられることもある」

愛猫のいる日常は、心と生活に癒やしとゆとりを生み、城間さんの人生に豊かな彩りを加えているようだ。
 

得意ワザ&ポーZoo

兄弟仲良く♪


城間さんが「甘えん坊で自己中(笑)」と評する弟猫のテラ。「ご飯」と「遊んで」とおねだりするときは愛くるしい表情(写真)でずっと要求してくる。

DATA
☆名前・性別・種類
あんふ オス キジトラ  
テラ オス キジトラ
☆年齢
3歳 
2歳 
☆体重
5.3kg
不詳
☆何代目
2匹は母親が同じ兄弟。あんふが初代。テラが2代目
☆名前の由来
2匹とも保護した場所から名付けた。あんふは床下(アンダーフロア)から、テラは自宅テラスから。
☆好きな遊び
あんふは城間さんの夫との追いかけっこ。テラはおもちゃや昆虫など動くものを追い、狩りをすることと、お尻を軽くトントンされること。
☆好きな場所
あんふは狭くて高いところ。テラはペット用クッション。
☆苦手なこと
1人でいるのが好きなあんふは、やたらと近づくテラが苦手。テラは人見知りで、家族以外の人に抱っこされることが苦手。
☆困ったクセ
あんふは新しいものを見るとチェックするクセがあるが、それがしつこいこと。テラはマイペース過ぎること。
 


はい!チーZoo


もも
お気に入りの豚のぬいぐるみを枕にしてお昼寝中♪
がんばる(那覇市)
■種類・ミニチュアダックスフント ■性別・メス ■年齢・13歳


『ペットの写真募集』
携帯電話で撮影した写真は、大きめの画像サイズで。住所、氏名(紙面ではイニシャルか姓だけか匿名か希望を)、連絡先、ペットの名前、種類、オス・メスの性別、年齢、50文字以内のコメントを添えて h.home.jht@gmail.com までメールを。
取材/赤嶺初美(ライター)
『週刊ほーむぷらざ』ペット生活。いつもいっしょ<102>
第1646号 2019年2月14日掲載

My Style

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1442

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る