[ペットと暮らす]フィットネスインストラクター吉田博美さんと心&風たち|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

My Style

2018年10月11日更新

[ペットと暮らす]フィットネスインストラクター吉田博美さんと心&風たち

ペットとわたしの暮らし方「いつもいっしょ。vol.98」
県内のスポーツクラブやカルチャーセンターなどでZUMBAや介護予防運動などを指導しているフリーのフィットネスインストラクター吉田博美さん(48)。「ペットを通し交流も人生も広がった」と笑顔で語る。


「どんなに疲れて帰ってもこの子たちがいると笑顔になれる。外出も減り、インフルエンザにもかからなくなった」と話す吉田博美さんとココ(右)とビエント=沖縄市の公園
 

犬親戚の集い楽しみ

福岡県出身で、千葉、東京、沖縄と移り住んできたが、「ずっと犬や猫が一緒だった」と話す吉田博美さん。現在は、ココ(心)、ビエント(風)と呼ぶ2匹の愛犬、うるとあにゃーんの2匹の愛猫と暮らす。「娘と息子も成長し独立したけど、ペットの世話が毎日忙しく、寂しさを感じている暇がない(笑)。本当の子どもみたいなもの」と笑顔を見せる。
ココは、サーフィン仲間の家で生まれたのを譲り受けた。「親犬がとても賢くていい犬だったので、子どもができたらもらいたいと予約していたんです」と笑う。ビエントはそんなココのおいにあたる。友人宅で生まれた子犬たちはそれぞれ新しい家にもらわれたので、「犬親戚が増えた」と喜ぶ吉田さん。年に一度はその犬親戚が「本家」と呼ぶ友人宅に集まる。「飼い主も犬たちもみんな仲良くて、会うのが楽しみ」と目を細める。
ペットで交流が広がる中、里親探しの情報や沖縄における犬猫の殺処分問題などをよく耳にするようになった。「私にできることをしたい」と、気持ちを共にするインストラクター仲間たちとチャリティーイベントを行い、県内の動物愛護団体に寄付する活動を行っている。
「ペット生活からボランティアを考え行動に移し、多くの人と出会った。私の人生も交流も広がった」。充実感に満ちた表情がキラキラと輝く。

 

得意ワザ&ポーZoo


4匹は仲良し♪


吉田家の愛猫。手前から、あにゃーんとうる。あにゃーんの左耳の先がさくらの花びらのようにカットされているのは、不妊去勢手術を施された証し。


DATA
☆名前・性別・種類
心(ココ)メス ミニチュアシュナウザー
風(ビエント)オス ミニチュアシュナウザー
☆年齢
8歳
4歳
☆体重
7kg
7kg
☆何代目
犬ではココが3代目。ビエントが4代目。他にも、2匹の猫うる(3歳)と、あにゃーん(1歳)がいる。
☆末吉家に来た経緯
うるは生まれたばかりのころ、親とはぐれて1匹でいるのを吉田さんの娘が保護した猫。あにゃーんは、さくら耳をした地域猫だったが、車にひかれそうになっているのを見て、吉田さんが保護した。
☆好きな食べ物
2匹とも何でも食べるが、トマト、キュウリは大好物。
☆好きな場所
ココは布団の上。ビエントは公園。
☆好きな遊び
ココは子どもたちと遊ぶこと。ビエントはキャッチボール。
☆苦手なこと
2匹ともエイサーなどで響く太鼓の音。ビエントは他の犬を嫌がる。
 


 

はい!チーZoo


デール
わたしセクシー?
T・H(西原町)

■種類・コーギー柴犬ミックス ■性別・メス ■年齢・1歳

 


『ペットの写真募集』
携帯電話で撮影した写真は、大きめの画像サイズで。住所、氏名(紙面ではイニシャルか姓だけか匿名か希望を)、連絡先、ペットの名前、種類、オス・メスの性別、年齢、50文字以内のコメントを添えて h.home.jht@gmail.com までメールを。
ライター/赤嶺初美
『週刊ほーむぷらざ』ペット生活。いつもいっしょ<98>
第1629号 2018年10月12日掲載

My Style

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1330

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る