発信!沖縄の魅力 未来をつくる企業「琉球村」|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

わたしらしく

My Style

2016年5月12日更新

発信!沖縄の魅力 未来をつくる企業「琉球村」

沖縄の魅力を発信する企業を紹介。vol.107

沖縄文化を全身使い発信

エイサー通じ楽しさ共有



琉球村
企画芸能部主任 黒木綾子さん


沖縄の古民家が立ち並び、昔ながらの風情を漂わせる恩納村の琉球村。人気アトラクションのひとつが迫力あるエイサーだ。エイサー隊のリーダーは黒木綾子さん。「団体演技なので、みんなで楽しさを共有しながら、言葉を超えたエイサーの演舞の世界をお客さまに伝えたい」。細身の体いっぱい使い、沖縄の文化をパワーあふれるパフォーマンスで発信している。



Q.エイサーや島唄ライブなど人気のアトラクションが多いですね。
A.開園から閉演までほぼ30分ごとにあります。その中で、エイサーの演舞は基本的に1日4回。5分〜7分程度ですが、基本的に体力勝負。大太鼓、獅子舞、チョンダラーと、みんなで交互に担当します。

お客さまが楽しそうに見てくれている様子が伝わるとうれしいですし、自分自身も楽しく踊ることができた時は充実感を感じます。自分が楽しくないとエイサーの良さがお客さまにも伝わらないと思っています。


Q.エイサーの魅力は?
A.一人ではない「団体演技」という点。みんなと息を合わせて演舞をして、楽しさを共有できるところです。そのためにも、一人一人のレベルアップが必要です。

私も本格的にエイサーをやったのは入社後この3年間。毎日が手探りの状態ですが、チーム全体で息の合ったエイサーを披露できるよう頑張っています。

毎日のアトラクションの合間など、できる限り時間を作りながら練習を重ね、みんなで話し合うことを心がけながら踊ります。私は宮崎出身なので、仕事を通じて沖縄の文化に触れることができ、本当にありがたいと日々、感じています。


Q.これからの目標は?
A.現在、園内に展示してあるポスター等の制作も手掛けています。専門的にやってきてはいないので、周りの先輩に教えてもらいながら、デザインなども少しずつ勉強しています。

今後は営業企画部門にも力を入れるという当社の方針がありますので、その点もできる限りやっていければと考えています。

そして、私たちとエイサーを一緒に踊りたいという人はぜひ来てほしいと思います。仲間を広げながら、沖縄の文化を多くの方に見てもらいたいですね。







息がぴったりのメンバーと一緒にエイサーのポーズを決める黒木さん(左から2人目)/写真



 

アトラクションも満載


琉球村では9時〜17時までアトラクションを行っている。各10分〜15分間で、エイサーのほかにも島唄や踊りなどがある。スケジュールは以下のとおり。
【エイサー】9時、13時
【沖縄の踊り】9時30分、10時45分、11時30分、12時、12時30分、13時30分、14時30分、15時30分、16時45分。
【道ジュネー(パレード、エイサー含む)】10時、16時
【島唄ライブ】11時、12時、14時、15時、17時
※アトラクションは変更される場合がある。


 


琉球村
電話:098-965-1234
http://www.ryukyumura.co.jp/

 
<過去の記事>
発信!沖縄の魅力 ー未来をつくる企業ー
『週刊ほーむぷらざ』発信!沖縄の魅力ー未来をつくる企業ー<107>
第1504号 2016年5月12日掲載

My Style

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2214

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る