[ペットと暮らす]猫丸庵 オーナーの五十嵐初代さんとサンゴ・トトラたち|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

My Style

2018年2月15日更新

[ペットと暮らす]猫丸庵 オーナーの五十嵐初代さんとサンゴ・トトラたち

ペットとわたしの暮らし方「いつもいっしょ。vol.92」
五十嵐初代さん(43)が中城村で営む「猫丸庵」は、故人であるイラストレーター猫丸かおる氏の作品を展示しているギャラリー喫茶。ほのぼのとした作品と愛犬や愛猫たちの存在が利用客の気持ちを優しく包む。


喫茶店入り口奥にあるクッションは愛犬サンゴの指定席。下半身不随のサンゴのために「店の常連客が作ってくれた」とうれしそうに話す五十嵐さん。抱いているのは看板猫のタンタン=中城村の猫丸庵

 

猫丸庵 オーナーの五十嵐初代さんとサンゴ・トトラたち

勇気と愛与える家族

「生まれたときから家には動物家族が居た」と話す五十嵐さん。犬、猫、ウサギ、インコ、アヒルと、ペット歴は数えきれない。あひるネットワーク副会長の経歴もある、アヒル愛好家の中ではカリスマ的存在だ。18年前、東京から沖縄へ移住するときもアヒルのロックが一緒だった。

2011年、下半身不随の犬・サンゴを家族に迎えるため、ペット可物件へ転居。その矢先、親友だった猫丸かおる氏が亡くなる。「先生の愛猫と作品が遺された。多くの人に見てもらいたいと、ギャラリー喫茶をオープンしたんです」と振り返る。

新居でカフェをしながら、アヒルと猫と犬のいる生活を始めた。それから7年。今は、サンゴとトトラを含む猫7匹とにぎやかに暮らす。

後ろ足が不自由なサンゴだが、介護用のハーネスを装着すると上手に歩くことができる。「整体を続けて、骨の変形や動きもだいぶ良くなった」と喜ぶ。

「動物たちは、命の尊さ、生きる勇気、与える喜びをたくさん教えてくれる。悲しい別れもたくさん経験したけど、それを乗り越えて強くなれた」

 

得意ワザ&ポーZoo


介護用ハーネスで散歩​


仲良しのサンゴとトトラ(手前)。本当は猫が好きではなさそうなサンゴだが、サンゴを慕うトトラだけは、追い払ったりせず、よく一緒に過ごしている。


DATA
☆名前・性別
サンゴ(犬・メス)
トトラ(猫・オス)
☆種類
甲斐犬ミックス(犬)
雑種(猫)
☆種類
年齢・体重
10歳・15kg(犬)
4歳・5.3kg(猫)
☆何代目
ペット歴は数えきれない。現在は他にも6匹の猫(シロ、タンタン、ドンドン、黒丸子、ミケ、ウズラ)がいる。
☆出合い
サンゴは交通事故で下半身不随になり、前の飼い主が飼えなくなったため、五十嵐さんがペット可の物件に引っ越して家族に迎え入れた。トトラは、「おそらく店舗名を見て誰かが捨てた猫」と五十嵐さん。「うちでは受け入れしていないので動物を捨てないで」と訴える。
☆好きな食べ物
サンゴは犬用のおやつなら何でも好き。トトラはマグロの刺し身。
☆好きな場所
サンゴは中城公園。トトラは静かな場所。
☆苦手なこと
サンゴは爪切り。トトラは子ども。
☆困ったクセ
トトラはイライラすると段ボールをかみちぎって部屋を散らかす。


 

はい!チーZoo


ミルク
「留守番は任せてね~」と家族の見送りをする番猫。
東田(那覇市)

■種類・茶トラ ■性別・オス ■年齢/6歳
『ペットの写真募集』
携帯電話で撮影した写真は、大きめの画像サイズで。住所、氏名(紙面ではイニシャルか姓だけか匿名か希望を)、連絡先、ペットの名前、種類、オス・メスの性別、年齢、50文字以内のコメントを添えて h.home.jht@gmail.com までメールを。
ライター/赤嶺初美
『週刊ほーむぷらざ』ペット生活。いつもいっしょ<92>
第1595号 2018年2月15日掲載

My Style

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1565

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る