沖縄アウトレットモール あしびなー 副支配人の國枝江里子さん[沖縄の魅力]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

企業紹介

2017年12月14日更新

沖縄アウトレットモール あしびなー 副支配人の國枝江里子さん[沖縄の魅力]

沖縄の魅力を発信する企業を紹介。vol.179
今月、開業15周年を迎えた豊見城市豊崎にある沖縄アウトレットモール あしびなー。副支配人の國枝江里子さんはオープン当時から関わり、「あっという間の15年だった」と振り返る。「あしびなーという施設名の通り『老若男女が集まる庭』になるよう精進していきたい」と、地元客を大切にしながら国内外の観光客を取り込む姿勢でさらなる飛躍を目指す。



開業15周年でさらに飛躍


沖縄アウトレットモール あしびなー
副支配人
國枝江里子さん



地元客への感謝忘れずに

Q.開業15周年の感想は。
A.2002年の開業がつい最近のように感じます。当時は施設の認知度も低く、観光客はおろか地元からの来場もほとんどなく、非常に厳しい状況でした。当初は観光客を主なターゲットに、アウトレット初出店のブランドを多く誘致しましたが苦戦を強いられました。
その時、「やはり県民に愛される施設でなければいけないのでは」と考えたのです。そこで、2011年には、県民に喜んでもらえるテナント誘致を第一条件にした増床を行い、これを機に軌道に乗ることができたと思っております。

Q.施設の特徴は。
A.アウトレットモールは年間通して正規品から数%値引きし、毎日がセールみたいなものです。現在ではアウトレット専用商品を作るブランドも増えてきています。
当施設は離島県という特徴から、沖縄ならではの価格で提供するブランドがあり、特産品を含めたお土産もそろっています。約110店舗が出店し、通路幅が広く、ゆったりとショッピングしやすい規模です。

Q.今後の展開は。
A.豊崎エリアは商業施設やホテルなどが建設予定で、ますます多くの方の来場が期待されています。その中でサービスの強化は非常に重要です。同時にES(Employee Satisfaction=従業員満足度)を強化することでスタッフの心のゆとりを保ち、笑顔で心地よいサービスを提供したいと思います。
今年は、日本ショッピングセンター協会主催の「SC接客ロールプレイングコンテスト九州・沖縄大会」で、出場3年目にして初入賞し「審査員特別賞」を受賞しました。確実に成果が出ていると感じております。
「地元客が多く集まるところに観光客は来る」と言われたことがあります。地元客が増えた結果、海外からのお客さまも増え、にぎわいを見せています。これまで当施設を育ててくださった地元の方への感謝を忘れずに、居心地のよい環境づくり、魅力的なテナントの誘致など世代問わず楽しんでいただき、豊崎エリアのさらなる繁栄に少しでも力になれるよう施設づくりを続けます。



さまざまな商品がそろい、ゆったりとした空間で買い物ができる「あしびなー」

 

15周年フェアとキャンペーン開催


沖縄アウトレットモール あしびなーでは、12月25日(月)まで、各テナントのセールをはじめとするアニバーサリーフェアを開催。期間中に1万円以上の買い物をすると香港・マカオ3泊4日の海外旅行、さらに離島旅行、本島内のリゾートホテル宿泊券、あしびなー買い物券などが当たるキャンペーンもある。その他、イベント等はHP(http://www.ashibinaa.com/)でチェックを!


<問い合わせ>
沖縄アウトレットモール あしびなー
0120-15-1427
豊見城市豊崎1-188(地図


発信!沖縄の魅力「未来をつくる企業」|過去の記事一覧
<過去の記事一覧>
発信!沖縄の魅力 ー未来をつくる企業ー


『週刊ほーむぷらざ』発信!沖縄の魅力ー未来をつくる企業ー<179>
第1587号 2017年12月14日掲載

企業紹介

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1565

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る