[彩職賢美](株)健食沖縄 代表取締役 平良範子さん|つながり大切に健康商品を提供|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

彩職賢美

2015年6月25日更新

[彩職賢美](株)健食沖縄 代表取締役 平良範子さん|つながり大切に健康商品を提供

沖縄の素材を生かした商品を通信販売やネットなど多彩な手段で販売している(株)健食沖縄。同社の代表取締役の平良範子さんは扱う商品の製造工程を直接見て、商品の魅力をいかに引き出すかを生産者と共に考える。「沖縄の良いものを掘り起こし、県内外の多くの人に伝えたい」と日々奮闘している。


 

沖縄のいいもの多くの人に

県産素材生かす商品を届ける
(株)健食沖縄 代表取締役

平良 範子さん


同社は、ウコンやシークヮーサーなどの県産素材を活用した健康食品やコスメ、菓子類などを販売。「体に優しい自然の恵み豊かな県産品を多くの人に知ってほしい」と、県内外に卸すほか、直営店での販売やネットショップなど、多彩な手段で商品を届けている。

商品を扱う際は、生産者の元を訪ね、製造工程や供給力などを確認。県内外の多くの人に知ってもらうため、「商品の知識を得て、自信を持って売り出したい」からだ。

商品の良さをいかに引き出すかを作り手や売り手と一緒になって考えるのが平良さん流。パッケージ一つとっても、売り場の担当からの声を参考に「原料のイメージができるよう、イラストを入れてみては」とアドバイス。また、「値段をもう少し抑えられないか」「容器を変えてみては」など、手に取ってもらうための工夫も提案する。

「その商品の魅力を消費者の立場になって考え、表現することが大事。作る側と売る側、求める側が一体になってはじめて、商品は売れるのだと思うから」
 「仕事で不安を感じたことは無いかと周りからよく聞かれますが、特にないです。周囲に恵まれていたから」と感謝する。取引先の社長の成功話などを聞くと「私も頑張らないと」とモチベーションが上がるとも。その前向きな気持ちが仕事上の悩みや不安を払拭する力になっているようだ。



シークヮーサーの原液やウコンの粒など自社商品を手にし、スタッフに商品の説明をする平良さん(左)。同社の扱う主要商品は300品、登録商品は1000種類ほどに


もともと、接客業をしていた平良さん。今の仕事を始めたきっかけは、健康食品を扱う高校の先輩から「顧客にうちの商品を勧めてほしい」と依頼されたこと。当時は、高齢社会を迎え全国的に「健康ブーム」の波が押し寄せていたころ。そんな世情も追い風になった。

「1日、1年でも長く笑顔で健康的に人生を過ごせる、多くの人の健康づくりの手助けをしたいと、健康食品の販売に興味を持ちました」と平良さん。同社を立ち上げたのは15年前。「扱う商品を本土市場へ売り込む際、以前の仕事のお客さまや取引先の社長など多くの先輩方のお力添えをしてもらえたのが心強かった」と振り返る。周りの支えやつながりを大切に、丁寧で熱心な仕事への姿勢が奏功し、年々売り上げを伸ばしてきた。

そんな平良さんの仕事に対する姿勢に刺激を受け、今では部長をはじめ、社員自ら積極的に営業をするように。社員同士で商品知識を確認し合ったり、取引先の情報交換をするなど、「チームワークも向上している」と喜ぶ。

昨年から、那覇空港新国際線旅客ターミナルビル内に店舗を構えた。さらに、ことし7月から瀬長島ウミカジテラス内にも店舗を設けることが決定している。「創業15年が経ち、ようやく会社として形になってきた。今後は海外に商品を流通させることが目標。課題を一つずつクリアしていき、国外にも届けたい」と笑顔。周りとのつながりを大事に今日もまい進し続けている。


 

平良さんのハッピーの種

Q.趣味は?
最近はなかなかできないですが、息抜きにと、着付けの指導をしていました。着付けを終えた人の喜ぶ顔を見るのはもちろん、ゆんたくしながら、楽しめるのが良かったです。 それと、洋裁もやります。子どものための洋服を手作りしていました。例えば、お店でひな人形などを見ると、まずは自分で作ってみようと思いますね。
 

Q.休みはどう過ごしていますか?
ほとんど仕事ですが、休みの場合は私の生まれ故郷の本部に行くことがあります。特に伊豆味の山を通るとホッとします。自分が中学校のころ歩いた道が、だいぶ変わっているなあとか、屋我地の海を見ると友人と思いっきり遊んだ当時を思い出します。空気もおいしいし、自然に触れると心も癒やされますね。


(株)健食沖縄
沖縄県那覇市壺川2-2-9(地図
098-853-6689
http://www.ganju.jp/

楽天通販サイト
http://www.rakuten.ne.jp/gold/ken-oki/



PROFILE
平良範子(たいら・のりこ)1948年本部町出身。67年北山高校卒業後、三洋電機に入社。70年に退職後、飲食店経営など自営業を営む。92年安田生命相互保険会社に入社。2000年に健食沖縄を設立。2012年に自社ビルを那覇市壺川に建設。昨年12月、那覇空港新国際線旅客ターミナルビル内に店舗を開設。現在はアジアを中心とする国外販売を視野に業務を展開している。



今までの彩職賢美 一覧

マイライフ|ファンオキナワ


撮影/比嘉秀明・編集/安里則哉
『週刊ほーむぷらざ』彩職賢美<1174>
第1458号 2015年6月25日掲載

彩職賢美

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
安里則哉

これまでに書いた記事:621

編集者
日々、課題ばかりですが、取材ではできる限り、対象者の人間性が引き出せたらと思い、仕事に努めています。食べることが大好き。そのためダイエットにも力を入れたところですが、いまだ実現せず(笑)。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る