[彩職賢美]印象美人コンサルタント あらかき咲十美さん|自分らしさ輝く「印象美人」に|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

彩職賢美

2015年7月9日更新

[彩職賢美]印象美人コンサルタント あらかき咲十美さん|自分らしさ輝く「印象美人」に

「自分も相手も心地よい『印象美人』を増やしたい」と話すあらかき咲十美さん(44)。接遇・ビジネスマナー講師として延べ3500人以上に指導。「第一印象」の大切さも伝えてきた。3年前から印象美人コンサルタントとして、装いや表情、マナー、コミュニケーションなど内面と外見トータルで「その人らしい魅力」を引き出す。


 

自分も相手も心地よく

内面、外見からイメージUP
印象美人コンサルタント

あらかき 咲十美さん


あらかきさんは「第一印象は3~5秒で決まる。そのうち9割が視覚や聴覚などの非言語コミュニケーション」とハキハキと話す。すっと伸びた姿勢と、華やかな笑顔が目を引く。
非言語コミュニケーションとは、外見や装いのほかに、姿勢や立ち居振る舞いなどを含めたもの。さらに、人との接し方や伝え方、言葉づかいも含め、トータルでイメージ作りをサポートする。「まずは自分を知ること。どんな印象を与えたいかが大事」と言う。
自身が提案する「印象美人」には、「自分自身を受け入れ、輝かせる方法を知っている人に」という思いも込められている。コンサルティングの際大事にしているのが、相手の思いや悩みを掘り下げて聞くこと。「本当の思いに気付くと、表情がパッと変わるんです。その瞬間が、うれしい」と顔をほころばせる。
受講者から「なりたい自分をイメージすることは、生き方にもつながるんだと知った」、「女性であることを楽しみたい」という前向きな声があがっている。



講座は少人数制で和気あいあい。悩みを聞きながら、印象を決める要素、スタイルに合う服やアクセサリー選びのポイントなどについてアドバイス(編集部撮影)


社長秘書の経験もあり、当初から身だしなみや立ち居振る舞いは意識してきたが、独立は考えていなかった。
思いが変わったのは、2人目の子どもの育児休暇中、バリバリ働きながら子育てをするキレイな女性たちに会ってから。それまで「成功は人ごと」と思っていたが、目標となる女性に触発されて「私にもできるかも」と昇格試験に挑戦した。部下を指導する立場になり、ビジネスマナーや伝えることの楽しさに開眼。希望退職者を募ったときに、「好きなことを仕事にしよう」と会社を辞めて、独立した。
ビジネスマナー講師として第一印象のほかに、言葉づかい、所作など「心が伴う」ことの大切さを伝えてきたが、数年間は収入が伴わず、苦しい時期もあった。それでも「経験を積み重ねるしかない」と、一つ一つの仕事を大切にし、次へとつなげた。
そんな中出合ったのが、職業やライフスタイルにふさわしい装いや歩き方などをコンサルティングするイメージコンサルタントの養成講座だった。「求めていたものはコレだ」と直感。3年前に資格を取った。
会社勤めで感じた印象の大切さや、ビジネスマナー講師として伝えてきたことなど、これまでの経験がつながり、仕事の幅がぐっと広がった。
現在、さまざまな女性にコンサルティングを行っている。一般的に女性は年齢を重ねることをマイナスに考えがちだが、「経験は強み。自分の価値観や考え方が分かると、より魅力は深まる。年代ごとの美しさがあります」ときっぱり。
現在の目標は「印象美人100人プロジェクト」だ。「以前私が影響を受けたように、一人が変わると周りにも影響がある。一人一人が輝くお手伝いをしたい」。笑顔の裏に、ぶれない思いがある。

 

あらかきさんのハッピーの種

Q.キレイのひけつは?

意識です。姿勢と笑顔は常に意識しています。特に姿勢は、子どものころから両親に厳しくしつけられました。以前は反発したこともありますが、今では感謝しています。
学生時代は、体を動かすことが好きな男の子っぽい性格でした。テニスをしていて、真っ黒でしたよ。27歳で結婚し、妻としても母としてもきれいでありたいという思いが強くなりました。
 

Q.服選びで心がけていることは?

ビジネスシーン、TPOに合わせて選びます。例えばマナー講師だとネイビーのジャケットやワンピースなどで、信頼感や柔らかさを出すなど。服装は、これからお会いする方への敬意を表すことにもつながると考えています。
また、体型をカバーすることも心がけています。私は肩幅が広いので、ストールで縦ラインを作ってスッキリ見せたり、フレアスカートで下半身にボリュームを出してバランスを取ったりしています。


イメージUPプロデュースBloom
090-9789-7899
http://www.bloom-okinawa.com/​



PROFILE
新垣さとみ(あらかき・さとみ)1971年那覇市生まれ。沖縄ビジネス外語学院卒業後、金融会社に14年勤務し退職。学校や企業などで接遇・ビジネスマナー講師を務める。2012年から「印象美人コンサルタント」として活動。イメージUPプロデュースBloom代表。IRCジャパン イメージコンサルタント、米国NLP認定NLPプラクティショナー。3児の母。



今までの彩職賢美 一覧

マイライフ|funokinawa


撮影/高野生優(フォトアートたかの)・編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』彩職賢美<1177>
第1460号 2015年7月9日掲載

彩職賢美

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:205

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る