[彩職賢美]オフィス「ハートウェル」代表 片野まさ美さん|「心」が込もった接遇マナー指導|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

彩職賢美

2015年7月23日更新

[彩職賢美]オフィス「ハートウェル」代表 片野まさ美さん|「心」が込もった接遇マナー指導

接遇マナーやコミュニケーションアドバイザーとして顧客を支援するオフィス「ハートウェル」代表の片野まさ美さん。これまで、1000人ほどの生徒を指導。「心を込め、笑顔で人と接すること」の大切さを伝えている。さらに、披露宴の司会やラジオパーソナリティーとしても活動。「日々、感謝とチャレンジ精神を忘れずに」がモットーだ。


 

チャレンジ精神で活動広げ

笑顔を大切に接遇マナー伝える
オフィス「ハートウェル」代表

片野 まさ美さん


片野まさ美さんは、企業や就職支援訓練校などで接遇マナー・コミュニケーションアドバイザーとして社員や生徒を指導。ことしで活動9年目を迎える。
「接遇マナーの基本は自分の態度を常に意識し、周囲に安心感を与え、信頼してもらうこと。そのためには豊かな人間関係を築く第一歩の『あいさつ』、TPOに合った『服装』、丁寧な『言葉遣い』、心からの笑顔を意識した『表情』、立ち居振る舞いを意識した『態度』の五つが重要」と説明する。
さらに、コミュニケーション能力を高める方法を指摘。自分の考えや思いを相手に分かりやすく伝える「話す力」、人の話に丁寧に耳を傾ける「聴く力」、相手の質問の意図や背景を理解する「読む力」が大切。「それらはどの職業にも必要で、『思い』を込めて笑顔で接することは、人と人がつながりを持つ上でも重要」という。
講義では、イラストや資料を活用した分かりやすい指導法が好評。生徒たちがより実践的に学べるよう、グループでのディスカッションやロールプレイを取り入れるなど工夫を凝らす。生徒からは「楽しくマナーが身に付いた」「自然と笑顔になれた」との声も。
一方で、ラジオパーソナリティーや披露宴司会者などマルチな顔も併せ持つ片野さん。披露宴の司会は、これまで約80組のカップルの幸せを支援。ラジオでは週に1度、ゲストとともに地域の情報を発信している。さらに、地元、首里のためにできることに協力したいと、ことし50周年を迎える「琉球王朝祭り」では、アナウンス要員としてボランティアで参加している。



県内で開かれるイベントの司会や講話を務める場面も多い(上)。
今の仕事の原点になった、ミス・インターナショナル沖縄代表に選出された当時の片野さん(下)。=片野さん提供


今の仕事の原点は、祖父に勧められ挑戦したミス・インターナショナルへの出場。銀行員として働いていた時のこと。「ミスへの出場を機に、言動や立ち居振る舞いなどこれまで以上に所作を意識するようになりました」と話す。
その後、以前から興味があったという航空業界への憧れを諦めきれず、働きながら転職を目指し、2度の受験で南西航空(現JTA)に入社した。「それができたのも、両親をはじめ、上司の理解や仲間の支えがあってこそ」と感謝している。
仕事のスキルアップのためにとVIP向けの接遇研修に参加。それを機に、グループ会社の社員研修の講師を任されるようになった。
その後、早期退職を決意。数年後、「何か自分にできることは」と考え、「25年間培った航空業界の経験を生かして接遇マナーの大切さとおもてなしのすばらしさを多くの人に伝えたい」と、46歳で今の仕事を開始した。転職や起業などに挑んだ片野さん。「いくつになっても『チャレンジ精神』があれば何でもできる。『ピンチをチャンスに変える!』『ネガティブな私よりポジティブな私』の精神」が持論だ。
「今後の目標は、接遇マナーの本を出版すること。これまで教えてきたことや資料を自分なりにまとめています」と笑顔。片野さんの終わり無き挑戦は続く。

 

片野さんのハッピーの種

Q.普段から自分磨きにも力を入れているようですね。

接遇マナー講師、コミュニケーションアドバイザーとして、自分磨きは大切な要素だと思います。仕事のスキルアップのために、マナー・プロトコール(国際儀礼)2級やアドバンスカラーセラピストなどの資格を取りました。
接遇マナーはもちろん、服装にパーソナルカラーを取り入れ、明るい印象を意識するなど、仕事にもプラスになっています。
 

Q.仕事での失敗談はありますか?

懐かしくもあり、恥ずかしい話です。キャビンアテンダントの新人時代に、悪天候の機内アナウンスをしていたところ、突然、飛行機が大きく揺れ、私は驚きのあまり、思わず「キャー」と叫んでしまいました。
さらに、その叫び声がマイクを通して機内に響き渡る始末。当然、先輩に怒られ、アナウンスを代わるはめに。今だから言えるエピソードです(笑)。


オフィス「ハートウェル」
080-1741-9767
https://jinzai.ocvb.or.jp/hagunchu/
http://sweet-pro.co.jp/



PROFILE
片野まさ美(かたの・まさみ)1962年那覇市首里生まれ。81年、(株)琉球銀行入社。82年、ミス・インターナショナル沖縄代表に。83年、南西航空(現JTA)入社。06年、接遇マナーを中心に指導するオフィス「ハートウェル」を立ち上げ、企業や学校などで接遇マナーの講話や指導を行う。09年に披露宴司会、10年にラジオパーソナリティーデビュー。



今までの彩職賢美 一覧

マイライフ|企業紹介


撮影/比嘉秀明・編集/安里則哉
『週刊ほーむぷらざ』彩職賢美<1178>
第1462号 2015年7月23日掲載

彩職賢美

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
安里則哉

これまでに書いた記事:617

編集者
日々、課題ばかりですが、取材ではできる限り、対象者の人間性が引き出せたらと思い、仕事に努めています。食べることが大好き。そのためダイエットにも力を入れたところですが、いまだ実現せず(笑)。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る