知名御多出横 知名宏師さん|発信! 沖縄の魅力|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

企業紹介

2016年12月15日更新

知名御多出横 知名宏師さん|発信! 沖縄の魅力

沖縄の魅力を発信する企業を紹介。vol.138
知名御多出横 代表 知名宏師さん

現場の気づき 新たな発想に

いい音求めてものづくり

知名御多出横 代表「知名 宏師」さん|沖縄の魅力

知名御多出横


代表 知名 宏師さん

アンプや円筒形のスピーカーを独自に開発・販売している、知名御多出横代表の知名宏師さん(69)。小学生の頃からラジオを手作りし、物を作るのが得意だった。中学生で聞いたジャズナンバーに衝撃を受け、その当時から「いい音」を探求し続けてきた。


「第44回沖縄県発明くふう展」沖縄県発明協会会長賞受賞作品のターンテーブル。空気の力で天板を浮かせるため、抵抗がない
「第44回沖縄県発明くふう展」沖縄県発明協会会長賞受賞作品のターンテーブル。空気の力で天板を浮かせるため、抵抗がない​


Q.知名さんが開発したアンプ・スピーカーの特徴は?
A.一言でいうと「シンプル・イズ・ザ・ベスト」です。通常のアンプは、さまざまな操作スイッチがありますが、わが社のものは電源と音量、接続を切り替えるのセレクターの三つだけ。スピーカーとの接続もジャックを挿して完了。
低音から、高音の3万ヘルツまでをカバーし、歌手の細かな子音の発音や、生演奏で感じる残響音も再現します。その音が360度、全方向へ広がるようになっています。

Q.生音のように聞こえる理由は?
A.電気が通る部分はすべて同じ素材で溶接していることが一つの理由です。通電を邪魔しないため、音量を大きくしてもノイズが非常に少なく、小さな音量でもしっかりと再生するので非常にクリアな音になります。

Q.スピーカーの発想はどこから?
A.現場の仕事を通してですね。ある店舗の音響をまかされたときのこと。間取りが細長くて、店内に音がいきわたらず、音量を大きくするだけでは解決できませんでした。
その時に音の広がりである指向性と音量は、分けて考える必要があることに気づき、全方向に音を伝えるスピーカーの着想を得ました。

Q.音への探求はいつからしていますか?
A.小学生で鉱石ラジオ作りにはまり、中学生では真空管を使った自作のアンプで音楽を聴いていました。また中学生のときにジュークボックスで聞いたデイブブルーベックの「トルコ風ブルーロンド」という曲に感銘を受けたんです。その頃からいい音を探し求めていましたね。

Q.今後の目標は?
A.現在、自社オーディオシステムの特許を申請中で、それに合わせ、音の良さや特質を実証する論文の準備をしています。また音が伝わっていく空気について理解を深めるために、飛行機の模型やラジコンを作り続けています。これは航空力学や流体力学的な観点も、ものづくりの発想に取り込んでいきたくて。これからも新しいものを作り続けていきたいです。



那覇ショールームで音を体感|沖縄の魅力
 

那覇ショールームで音を体感

知名さんが作る円筒形のスピーカーが奏でる音は、全方向に広がり、室内のすべての場所がリスニングポイントに。音は、実際に聞いて体感するのが一番。いつも聞いているCDやLPを持ち込んで、試聴することもできる。商品のラインナップや価格、サイズ、性能など詳しくは問い合わせを。


<問い合わせ先>
知名御多出横
沖縄県那覇市久茂地1-2-25-1F
098-862-6222
http://www.audio.co.jp/


<過去の記事>
発信!沖縄の魅力 ー未来をつくる企業ー


『週刊ほーむぷらざ』発信!沖縄の魅力ー未来をつくる企業ー<138>
第1535号 2016年12月15日掲載

企業紹介

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1450

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る