ステーキ専門店 PINOステーキ 店長 並木浩さん|発信! 沖縄の魅力|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

企業紹介

2016年11月10日更新

ステーキ専門店 PINOステーキ 店長 並木浩さん|発信! 沖縄の魅力

沖縄の魅力を発信する企業を紹介。vol.133
ステーキ専門店 PINOステーキ 店長・並木浩さん

ステーキのおいしさ伝えて

ヘルシーに食べやすく




ステーキ専門店 PINOステーキ
店長 並木浩さん

浦添市の通称・パイプライン近くの「PINO(ピノー)ステーキ」宮城店は、肉のおいしさとお手頃な値段にこだわったステーキ専門店。店長になり半年を超えた並木浩さん(42)は、「お客さまの目線を大切にした接客と、ステーキをいかにおいしい状態で食べてもらえるかを大切にしている」と話す。肉のうま味を感じられるようレアで提供するため、肉の仕入れや保存法にも気を使いながら、笑顔を絶やさず店に立っている。

Q.メニューのこだわりは?
A.一番人気の「PINOステーキ」はオーストラリアから直接仕入れた牛肉のランプ肉を使っています。脂身が少なく、ヘルシーな点と、ランチタイムには300グラムで1,000円(税別)という値段も人気のポイントです。ランプ肉は筋が多い部分ですが、そこをきちんと取り除くことで食感を良くし、肉のうま味を感じてもらうために基本的に当店ではレアで提供しています。
仕入れ段階から保存法にもこだわり、鮮度を保ちながらおいしい状態でお客さまに食べてもらえるようにしています。「当たり前」のことを続けることが大切だと考えているからです。

Q.そのほかの人気メニューやおすすめの食べ方は?
A.ローズマリーを効かせたチキンステーキや、牛肉もリブステーキ、サーロイン、ハンバーグ、さらにもとぶ牛などさまざまなバリエーションが人気となっています。実は、隠れた人気メニューが牛筋カレー。ランプ肉を調理する際に切り取った牛筋を使っています。サイドメニューとしてセットで頼むこともできますので、ぜひ味わってほしい一品です。
おすすめの食べ方は、ステーキが来たら、まずは肉の焼ける音を楽しむこと。そして次に塩コショウのシンプルな味を堪能し、途中からオニオン仕立てのさっぱりとしたオリジナルソースで食べてください。

Q.接客で心掛けていることや今後の目標は。
A.接客はお客さまがもう一度来店したいと思う重要なポイントです。私が大切にしているのは『食べるプロ』としてのお客さま目線。それをスタッフと共有し、人材育成をしたいと考えているのです。来店するのは地元客のファミリーが多いのですが、外食の候補店のひとつとして常に名前が挙がるような店にすることと、観光客にも沖縄のステーキ文化を知ってもらえるように頑張ります。ぜひ、一度食べに来てください。



一番人気のPINOステーキは300グラムと200グラムの2種/写真


 

北谷の2号店も営業中

PINOステーキ2号店は北谷町のイオン北谷店2階フードコート内にある。ステーキのほかにタコライスやカレー、パスタなどのメニューが並ぶ。営業は10時~21時半(L.O.)


<問い合わせは>
098-989-3729




ステーキ専門店 PINOステーキ宮城店
沖縄県浦添市宮城4-1-8(地図
098-917-1293
ランチ11時半~14時半(L.O.)
ディナー17時~22時(L.O.)
年中無休


<過去の記事>
発信!沖縄の魅力 ー未来をつくる企業ー
 


『週刊ほーむぷらざ』発信!沖縄の魅力ー未来をつくる企業ー<133>
第1530号 2016年11月10日掲載

企業紹介

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1450

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る