英語は目的でなく手段|えいごでまなぶ Churakids⑫ 最終回|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

教育

2023年4月20日更新

英語は目的でなく手段|えいごでまなぶ Churakids⑫ 最終回

英会話教室「ちゅらキッズ(Churakids)【沖縄市】

えいごでまなぶ Churakids
英会話教室「ちゅらキッズ(Churakids)」は、英語を使いスポーツ・音楽・芸術などさまざまなスキルを同時に習得する体験型プログラムを展開中。代表のKAZさんが、自然な形で英語に触れ、コミュニケーションの手段として身につける方法について紹介します。

 

英語は目的でなく手段

幼児の英語教育について、これまでさまざまな視点からお話ししてきました。英語はコミュニケーションの手段であり、楽しみながら学ぶことが大切だということ、幼児期は言語習得に適した時期で、多感な耳で英語に触れることが有効だということ、親子で一緒に英語に親しむことが子どものモチベーションを高めるということなど、さまざまなポイントをご紹介してきました。

今回で最終回ということで、私自身の経験をお伝えしたいと思います。私は幼い頃から英語に興味があったわけではなく、むしろ英語は苦手な科目でした。英語に関心を持ち始めたのは、音楽に出合ったからです。私は音楽が大好きで、海外で音楽の勉強をしてみたいと思うようになり、高校を卒業して留学する決心をしました。留学先では、音楽を学びながら自然と英語も身に付きました。音楽を通して、英語を話す人々や文化に触れることができました。私にとっては音楽が英語習得のきっかけでした。

バンクーバーへ留学(1994年)

幼児の英語教育は、子どもたちの将来に大きな影響を与える可能性があります。親御さんや先生方は、子どもたちに適切な経験とチャレンジの場を提供することで、子どもたちの夢や可能性を広げてあげてください。そして、子どもたちに、大事なことは英語は手段であり目的ではないということを伝えてください。子どもたちにとって大切なことは、いろいろなことに興味を持ちチャレンジすることです。このコラムを読んでくださった皆さん、ありがとうございました。これからも英語で学ぶ皆さんの応援をしています。
 
ちゅらキッズ(Churakids)代表 KAZ
ちゅらキッズ(Churakids)代表 KAZ
1974年福岡県生まれ。VAMP株式会社代表取締役。Webデザイナー。自身の海外留学の経験を生かし、2012年に英会話スクールChurakidsを設立。英会話だけでなく、スポーツ、音楽、アウトドア、環境活動、国際交流、海外留学など、様々なイベントを手掛けている。趣味は将棋と畑。


ちゅらキッズ(Churakids)
〒904-2162 沖縄県沖縄市海邦2丁目14−2

これまでの記事は、こちらから。

関連記事:週刊タイムス住宅新聞「家々人々」ちゅらキッズ代表・KAZさん

『週刊ほ〜むぷらざ』えいごでまなぶ(12)
第1863号 2023年4月20日掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4292

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る