英語から文化を学ぶ|えいごでまなぶ Churakids⑩|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

教育

2023年2月16日更新

英語から文化を学ぶ|えいごでまなぶ Churakids⑩

英会話教室「ちゅらキッズ(Churakids)【沖縄市】

えいごでまなぶ Churakids
英会話教室「ちゅらキッズ(Churakids)」は、英語を使いスポーツ・音楽・芸術などさまざまなスキルを同時に習得する体験型プログラムを展開中。代表のKAZさんが、自然な形で英語に触れ、コミュニケーションの手段として身につける方法について紹介します。

 

英語は面白い

 突 然ですが、中学生になっても「英語が好き」と言えるようにするために必要なことは何でしょうか? 幼児の英語学習で大切にしなければならないことの一つに、「英語を嫌いにさせないこと」があげられます。嫌いにさせないことが目的なら、全く触れないのが1番ですが、それでは英語を知ることも、好きになることもできません。嫌いにさせないためではなく、その後の英語学習にとってわずかでもプラスになる活動を考えてみましょう。

 初 めて自転車に乗れたときに「もっと乗りたい」「もっとうまくなりたい」と、どんどん練習したように、「英語をもっと聞きたい」「もっと話してみたい」と感じる場面にたくさん出合うことが必要です。英語が面白いと感じれば自分で努力をします。そうすれば上達します。上達すればさらに努力をしたくなります。

 成 長していく過程の中で知的好奇心を十分に満足させる、たくさんの「面白い」を経験した子どもたちは、きっと中学生になっても英語の面白さを自分で探し出すことができます。子どもが「英語は面白い」と思えるような活動に、一つでも多く出合うきっかけを作ってあげましょう。
 
 
ちゅらキッズ(Churakids)代表 KAZ
ちゅらキッズ(Churakids)代表 KAZ
1974年福岡県生まれ。VAMP株式会社代表取締役。Webデザイナー。自身の海外留学の経験を生かし、2012年に英会話スクールChurakidsを設立。英会話だけでなく、スポーツ、音楽、アウトドア、環境活動、国際交流、海外留学など、様々なイベントを手掛けている。趣味は将棋と畑。

ちゅらキッズ 英語ロボット教室
ちゅらキッズ(Churakids)
〒904-2162 沖縄県沖縄市海邦2丁目14−2

これまでの記事は、こちらから。

関連記事:週刊タイムス住宅新聞「家々人々」ちゅらキッズ代表・KAZさん

『週刊ほ〜むぷらざ』えいごでまなぶ(10)
第1854号 2023年2月16日掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4292

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る