英語から文化を学ぶ|えいごでまなぶ Churakids⑨|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

教育

2023年1月19日更新

英語から文化を学ぶ|えいごでまなぶ Churakids⑨

英会話教室「ちゅらキッズ(Churakids)【沖縄市】


英会話教室「ちゅらキッズ(Churakids)」は、英語を使いスポーツ・音楽・芸術などさまざまなスキルを同時に習得する体験型プログラムを展開中。代表のKAZさんが、自然な形で英語に触れ、コミュニケーションの手段として身につける方法について紹介します。
 

 

英語から文化を学ぶ

 言 葉には、話されている国々の民族の歴史や文化、信仰などの大きな背景が含まれています。例えば、日本人は自己紹介や、初めての人と会ったときに、「My name is Hanako. I’m 20 years old.」のように、自分の年齢を自己紹介の中に入れたり、相手の年齢を尋ねたりと、とにかく年齢を話題にします。

 こ れは、日本では年齢の上下が人間関係の中で重視されているからです。そのため、日本語には、兄弟姉妹や伯父と叔父、伯母と叔母のように年齢の上下関係を明示する言葉があります。

 し かし、英語圏の人々は、あまり年齢を話題にしません。兄も弟も英語では「brother」ですし、姉も妹も「sister」です。伯父も叔父も「uncle」ですし、伯母も叔母も「aunt」です。英語圏では年齢の差は重要ではないと考えられているからです。これは一例ですが、英語を学んでいく過程で、異なった価値観や思考方法を感じられるようになってほしいと思います。
 
 

ちゅらキッズ(Churakids)代表 KAZ
1974年福岡県生まれ。VAMP株式会社代表取締役。Webデザイナー。自身の海外留学の経験を生かし、2012年に英会話スクールChurakidsを設立。英会話だけでなく、スポーツ、音楽、アウトドア、環境活動、国際交流、海外留学など、様々なイベントを手掛けている。趣味は将棋と畑。


ちゅらキッズ(Churakids)
〒904-2162 沖縄県沖縄市海邦2丁目14−2

これまでの記事は、こちらから。

関連記事:週刊タイムス住宅新聞「家々人々」ちゅらキッズ代表・KAZさん

『週刊ほ〜むぷらざ』えいごでまなぶ(9)
第1850号 2023年1月19日掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4292

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る