[沖縄・ダイエット]体重増減はタイムラグあり|健康チャレンジ!(20)|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

My Style

2021年11月18日更新

[沖縄・ダイエット]体重増減はタイムラグあり|健康チャレンジ!(20)

医師の安谷屋徳章さんが、ダイエット中の食事について話します。
執筆:安谷屋徳章さん

体重増減はタイムラグあり

私も体を絞る目的で食事を節制したり、お祝いごとや家族で食事に出かけたときには「まあいいか」と思って緩めたりすることがあります。そうして、節制したり緩めたりする時に感じるのが、体重変化のタイミングです。すぐに減り始めることもあれば、なかなか減らないこともありますし、逆にすぐに増え始めることもあれば、なかなか増えないことも。どうやら体重は安定を求めるようです。

つまり、ある体重の人がダイエットを始めたとして、ある体重だった期間が長ければ長いほど、落ち始めるのに時間がかかるのです。
例えば、60kgの人が1カ月間不摂生をして65kgなった場合は、ダイエットを始めるとすぐに体重が落ち始めて60kgに戻ろうと変化しますが、65kgだった期間が半年以上だと、ダイエットを始めてもなかなか落ち始めません。もちろん、無理に食事量を減らして落とすことはできるのですが、体調を崩して長続きしなかったり、筋肉量が減って体力が落ちたりするのでおすすめしません。太った期間が長い場合は体重を元に戻すのにも時間がかかるというわけですね。

逆に、ダイエットがうまくいって目標体重になったとしても、その目標体重をキープしていた期間が短ければ体重は増えやすいですし、期間が長ければ体重はすぐには増えにくいです。無理なダイエットをして短期間で体重を落とした場合は、少しご褒美を食べただけで体重は増えてしまいます。時間をかけて落とした体重に体を慣れさせないといけないのです。

65kgだった人が半年以上かけて60kgになった場合は少しご褒美を食べたくらいでは増えません。しかし、増えにくいからといって太りにくい体質になったと勘違いをしないように注意してください。ご褒美を食べ続ければ、当然体重は増え始めます。ダイエットの際は、体重の増減にはタイムラグがあるということを知っておくといいですね。



あだにや・のりあき。糖尿病や生活習慣病の改善を専門とするゆいゆい内科クリニック院長。自身も糖質コントロールで20キロ痩せた。著書に「沖縄の医師が教える糖質コントロール健康法」など



「健康チャレンジ」のバックナンバーはこちらから。


毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ 健康チャレンジ!
「第1789号 2021年11月18日紙面から掲載」

My Style

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2750

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る