教えて!百名さん|思春期の性教育②|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

教育

2021年6月3日更新

教えて!百名さん|思春期の性教育②

「思春期」の子どもたちや、その子どもたちに関わる大人から寄せられた「性」に関する質問に、助産師の百名奈保さんが答えます。今回は3〜5歳の子を持つ親からの質問三つを取り上げます。  


 教えて!百名さん 思春期の性教育
3〜5歳編

 大人からの質問 

Q 7歳の息子が母親の私の胸を触るのを不快に感じてしまいます

A 親でもイヤなことはきっぱり拒否するのは大事なこと
お母さんが息子に胸を触られたとき、大好きな息子でも「何となく嫌な気持ちになる」という人がいると思います。中には、お風呂のときに胸をジロジロ見て、ニヤニヤしながら触る子もいて「気持ち悪くて、手をはねのけてしまった」「自分の子どもを反射的に拒否してしまい、自己嫌悪に陥ってしまった」というママもいます。嫌な気持ちになったとしても子どもに愛情がないわけではなく、感覚的に「イヤ」と思うのは自然なことだと思います。

子どもがママやパパの肌に触れるのは精神的に安心するからかもしれませんが、親でもイヤなことはきっぱり拒否するのは大事なことです。子どもには「あなたのことは大好きだけど、胸を触られるのはイヤだよ」と伝えればいいと思います。

スキンシップは、手をつないだり、指相撲をしたり、いろいろな方法で取ることができますよ。

❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎

 大人からの質問 

Q 5歳の娘が保育園で男の子にキスされたらしい遊びの延長だと思うが不快

A  小さな子どもでも「プライベートなパーツは勝手に触らない」ことを伝えて

人を好きになったり、好かれたりするのはステキなことだけど、このケースはお父さんやお母さんには「ほほえましいでは済まされない」「ありえない」と驚くことですよね。中には「風邪や虫歯がうつる」と、気にする保護者の方もいます。また、男の子が女の子にキスされる場合もあり、「モテモテでいいわね」という人もたまにいますが、それは違うと思います。

仲良しのお友だち同士の遊びでもちゃんとルールがあり、「プライベートなパーツは勝手に触らない」ということを、小さな子どもにも伝える必要があります。

このような出来事があった時は、プライベートゾーンについて教える良いタイミングです。パパやママが子どもと一緒に性教育の絵本を見たり、保育士さんに、子どもたちにプライベートゾーンの話をする機会を作ってもらうのもいい方法だと思います。


❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎

 プライベートゾーンとは? 

プライベートゾーンという言葉を聞いたことはありますか。「水着で隠れるところ+口」または「口、胸、性器、お尻」で、他人が勝手に触ったり、触られたり、見たりしてはいけない部分ですが、「自分の体は、どの部分でも全て大切」と伝えることが必要だと思います。

これは、男の子にも女の子にも知ってほしいこと。男の子だから胸を触られてもいいというわけではないし、手も足も勝手に触られていい部分ではないということです。

親子のスキンシップで子どもの体に触れることがあると思います。頬ずりをしたり、お尻をプニプニ触ったり、日常ではよくあることですよね。でも、子どもが本気で嫌がっている時は、そこでストップ。そのまま続けてしまうと、子どもは“大人には「イヤ」や「ノー」という言葉は届かない”と学んでしまうかもしれないからです。もし、誰かに嫌な触られ方をしたとしても、そのまま我慢をしてしまうかもしれません。「嫌な触られ方はおかしいこと」「イヤと言っていいこと」「親にそれを話してもいいこと」。これをくり返し伝えておくと、何かあったとき誰かにSOSを出せる力につながると思います。



❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎

★百名さんに聞いてみたい、読者の皆さんからの質問を受け付けています。些細な事でも、上手に伝えられなくてもOKです!下記のURL から気軽にお寄せください。
http://mail-to.link/m7/4sv7d8



ひゃくな・なお/那覇市嘱託助産師・保健師として、学校で性教育について講話。子どもたちからの相談も受け付けている。那覇市首里で、「助産院*きらきら」を開業
ひゃくな・なお/那覇市嘱託助産師・保健師として、学校で性教育について講話。子どもたちからの相談も受け付けている。那覇市首里で、「助産院*きらきら」を開業
same-moon@comet.ocn.ne.jp​


「思春期の性教育」2021年4月までの記事はコチラから

毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1765号 2021年6月3日紙面から掲載」

 

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2481

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る