ゴーヤー使ったかき揚げのせる「天茶づけ」|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

きょうのごはん

2020年8月13日更新

ゴーヤー使ったかき揚げのせる「天茶づけ」|ごちそうレシピ

松本料理学院の松本嘉代子院長が、ゴーヤーを使ったかき揚げをのせ、かけ汁をたっぷりとかける「天茶づけ」のレシピを紹介します。

たっぷりのかけ汁でおいしく
  天茶づけ  



材料(5人分)調理目安時間20分

ゴーヤー…………50g      しょうゆ…………小さじ2
ニンジン…………20g      温かいご飯………4人分
エビ………………中2尾      のり………………1/2枚
卵…………………1/2個     わさび……………・・・少々
冷水………………120ml
小麦粉……………70g
揚げ油……………・・適量
Aだし汁…………5カップ
A砂糖……………小さじ1
A塩………………小さじ2・1/2

■作り方

①ゴーヤーは縦二つ割にして種とわたを取り除いて薄切りにする。ニンジンは3センチ長さのせん切りにする。

② エビは塩水でさっと洗って背わたを取り、粗めに刻んで少量の小麦粉(分量外)をまぶしておく。

③ ボウルに卵を割りほぐして冷水を加え、ふるった小麦粉を入れてさっと混ぜ合わせて衣を作る。衣に1のゴーヤー、とニンジン、2のエビを加えて混ぜ合わせる=下写真。



④ ③を一口大にまとめ、180度に熱した油で揚げてかき揚げを作る。

⑤ 鍋にAを入れてひと煮立ちさせ、かけ汁を作る。

⑥ 碗(わん)に温かいご飯を控えめに盛りつけて4のかき揚げをのせ、切ったのりをふりかけ、わさびを添える。

⑦ ⑥に⑤の熱いかけ汁をご飯がかぶるくらい注ぎ、供する。

★かけ汁をかけたら早めに食べましょう。

講師:松本嘉代子(松本料理学院院長)


編集/比嘉知可乃
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ・第1723号 2020年8月13日掲載

 

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
比嘉知可乃

これまでに書いた記事:79

新人プランナー(企画・編集)
1990年生まれ、うるま市出身。365日ダイエット中。
真面目な話からくだらない話まで、「読んだ人が誰かに話したくなる情報」
をお届けできるように頑張ります!

TOPへ戻る