餅をソースにアレンジ!|おうちで簡単!プロの味|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2019年12月31日更新

餅をソースにアレンジ!|おうちで簡単!プロの味

おうちで簡単!プロの味[10]
鏡開きを終えると余りがちな餅。「焼いて食べる以外のレシピを知らない」という人も多いのでは。今回は焼いた餅をしょうゆベースのソースにしていただくアレンジを紹介します。濃いめの甘辛いソースなので、さっぱりした白身魚と合わせて食べるのがおすすめです。(真栄城悟さん)


白身魚のポワレの焼き餅ソース添え

【材料2人分】
・白身魚(切り身でも可)…80g
 ※今回はヒメダイ(クルキンマチ)を使用。
・しょうゆ………………大さじ3
・みりん…………………大さじ2
・酒………………………大さじ2
・酢………………………大さじ1
・砂糖……………………小さじ1
・切り餅………………………60g
・マイタケ……………………60g
・ニンニク(みじん切り)…少々
・薄力粉………………………適量
・レモン汁……………………少々
・塩・こしょう………………適量


作り方

1 1白身魚のハラを取って、3枚におろして骨を抜き、一人分ずつ切り分ける。


2 皮の部分に切れ目を数カ所入れる。

3 切り餅は1センチ角の大きさに切り、マイタケは手でほぐしておく。


4 2の魚の両面に塩・こしょうを振り、薄力粉をまぶす。

5 熱したフライパンに多めの油(分量外)を敷き、魚を両面焼く。その後、180度に余熱しておいたオーブンで7~8分焼く。


6 別のフライパンに3の餅を餅同士がくっつかないように入れて焼く。

7 餅が軟らかくなってきたらマイタケを入れ、みりん、酒を加えて混ぜた後にしょうゆを入れる。

8 酢、ニンニク、砂糖を加えて混ぜたらソースの完成。


9 オーブンから取り出した白身魚に8のソースを合わせて食べる。


プロのテクニック&ポイント

Point! 1 魚に切れ目を入れる
魚に切れ目を入れると、火が入りやすくなり、焼きやすい。また、焼き上がったときの見た目も華やかになる。


Point! 2 小麦粉できれいな焼き色に
魚の表面に小麦粉をまぶして焼くと、こんがりとした焼き色が付きやすい。うま味を逃がさないメリットも。


Point! 3 餅は離して焼く
ソースにした時に餅が大きな塊になるのを防ぐため、餅は一粒ずつ離して焼く。加熱するとくっ付きやすいので注意。



まえしろ・さとる/県内で飲食店を展開する、株式会社ピースサイン代表。ホテルやレストランでの経験を基に、現在はメニュー開発を担当している。

時短レシピ・記事一覧
おうちで簡単!プロの味・記事一覧
 

毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1692号 2020年1月2日紙面から掲載」

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2415

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る