カボチャでニョッキ!|おうちで簡単!プロの味|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2019年10月3日更新

カボチャでニョッキ!|おうちで簡単!プロの味

おうちで簡単!プロの味[7]
ハロウィーンの季節に作りたいカボチャを使ったメニュー。今回はパーティーやお酒のつまみにピッタリのイタリア料理ニョッキと、手軽にできるソースを2種類紹介します。市販のパスタソースを使ってもOK。また、生地作りは材料も少なく、簡単にできるので子どもと一緒に楽しむのもおすすめです。(真栄城悟さん)


カボチャのニョッキ
もっちりとしたニョッキの生地にうま味あるソースが絡む!

【材料/3~4人分】
・冷凍カボチャ…150g※皮をむいた状態
・薄力粉…………100g
・塩……………………少々
・粉チーズ……………少々
・お湯…………………適量
・オリーブオイル……適量


作り方

1 カボチャは常温で解凍し、皮をむく。

2 カボチャを耐熱容器に入れ、600Wの電子レンジで1分半加熱し、マッシャーなどでしっかりつぶす。

3 ボウルに2のカボチャと塩、粉チーズを入れ、生地の硬さを確認しながら2~3回に分けて薄力粉を加えてこねる。

4 しっかりとこねたら、一つに丸くまとめて軽くラップをかぶせ、10分程常温で寝かせる。

5 まな板の上に打ち粉(分量外)を打って4の生地を7~8ミリ厚さに伸ばして切る。


6 5をひと口大にカットして角を取るように軽く丸め、フォークでくぼみをつける。くぼみがあるとソースが絡みやすくなる。


7 沸騰したお湯に6を入れ、ゆでる。鍋底から浮いて来たらザルに取り上げる。

8 ボウルに移し、くっつかないように、オリーブオイルを少量かけ、軽く混ぜておく。

その後、クリームソースやトマトソースと絡めて皿に盛り付けたらできあがり♪


★クリームソース

【材料】
刻みニンニク……………1片分
生クリーム………………90ml
オリーブオイル……………少々
ベーコン………………好みの量
玉ネギ(スライス)…好みの量
白ワイン…………大さじ2ほど

【作り方】 
①フライパンにオリーブオイルを敷き、ニンニク、ベーコン、玉ネギを入れて中火で加熱する。
②玉ネギがしんなりしてきたら大さじ2杯ほどの白ワインを加え、蒸発させる。
③生クリームを加えて=下写真=具材に絡めたらできあがり。




★トマトソース

【材料】
刻みニンニク…………2片分
ダイストマト(缶)…90ml
オリーブオイル…………少々
塩こしょう………………少々
刻み玉ネギ…………好みの量

【作り方】
①フライパンにオリーブオイルを敷き、ニンニクと玉ネギを入れて火にかける。
②玉ネギがしんなりしたら、大さじ2程度のお湯を入れて蒸発させる。
③ダイストマトを入れ、軽く煮詰めたら=下写真=塩こしょうで味を調えて完成。






まえしろ・さとる/県内で飲食店を展開する、株式会社ピースサイン代表。ホテルやレストランでの経験を基に、現在はメニュー開発を担当している。

時短レシピ・記事一覧
おうちで簡単!プロの味・記事一覧
 

毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1679号 2019年10月3日紙面から掲載」

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1794

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る