ハロウィーンに手作りお菓子|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

パン・スイーツ

2018年10月11日更新

ハロウィーンに手作りお菓子

[ハロウィーン企画]ハロウィーンに手作りのお菓子はいかが? 沖縄でなじみ深い蒸し菓子の「アガラサー」にカボチャパウダーを加えたアレンジと、飾り付けにぴったりの、色鮮やかに描いたアイシングクッキーの作り方を紹介します。

ハロウィーンに手作りお菓子

ハロウィーンに手作りのお菓子はいかが? 沖縄でなじみ深い蒸し菓子の「アガラサー」にカボチャパウダーを加えたアレンジと、飾り付けにぴったりの、色鮮やかに描いたアイシングクッキーの作り方を紹介します。今年はお子さんと一緒にお菓子作りに挑戦してみては。レシピ提供は、ケーキの店DUOオーナーパティシエ 與那覇政儀さん。

★アイシングクッキー 8枚分
材料
●バニラクッキー
 無塩バター…………………………………60g
 薄力粉………………………………………160g
 上白糖………………………………………70g
 全卵…………………………………………25g
 アーモンドパウダー………………………30g
 バニラエッセンス…………………………少々
●ロイヤルアイシング
 粉糖…………………………………………150g
 卵白…………………………………………20g
 食用色粉(オレンジ、緑、黒、ピンク)適宜

作り方
①バターを室温に戻してマヨネーズくらいの硬さにし、砂糖、全卵、バニラエッセンスを混ぜ合わせる。
②ふるった薄力粉、アーモンドパウダーと①を切るように混ぜ合わせ、3mm厚さに延ばしてラップをかけて冷蔵庫で1時間休ませる。
③②を型で抜き、160度のオーブンで20分を目安に焼く。
【ロイヤルアイシング】
④粉砂糖をボウルに入れ、卵白を入れ、よく混ぜる。
⑤仕上がったら水分量を保つため、ラップをかける。使用するときには均等の硬さにするために再度よく混ぜてから使用する。


⑥⑤に色粉を加え、それぞれオレンジ、黒、緑、ピンクを作り、絞り袋に入れる。はじめにクッキーの輪郭に合わせてオレンジ色を乗せてアイシングする。


※作業は湿度60度以下だと失敗が少ない。自然乾燥なら丸1日は乾かす。

⑦ヘタの部分は緑色、顔は黒色のアイシングで描き、乾かす。


⑧最後にほっぺたのピンク色を乗せ、よく乾かす。



★カボチャのアガラサー 7~8個分
材料
薄力粉………………………………90g
パンプキンパウダー………………10g
ベーキングパウダー………………2g
上白糖………………………………20g
黒糖(粉末)………………………30g
牛乳…………………………………90ml
しょうゆ目安………………………1ml
サラダ油……………………………5ml
カボチャの種………………………30個ほど
生クリーム…………………………適宜  

作り方
①薄力粉、パンプキンパウダー、ベーキングパウダー、上白糖、黒糖を合わせて、ふるっておく。
②①に牛乳を入れて混ぜ、サラダ油、しょうゆの順に加え、滑らかになるまで混ぜ合わせる。



※目安は生地が切れずにゆっくりと落ちるくらい。

③②をカップの5~8分目まで入れ、カボチャの種を3~4個散らす。


④蒸し器に入れてふたに布巾をはさみ、約20分蒸す。※竹串を刺してみて、何も付かなければでき上がり。

⑤蒸し上がったアガラサーの粗熱が取れたら生クリームを乗せ、その上にアイシングクッキーを飾って完成。



ハロウィーン お出かけスポット紹介
★サムズカフェでハロウィーンディナー
サムズカフェ(北中城村石平)で10月31日(水)まで毎日開催。デラックスリブローストビーフ(2550円)や子ども用メニューのゴールデンフライドシュリンプ&お子さまカットステーキ(980円)など特別メニューあり。迫力の店内飾りは圧巻!
問い合わせ 098-935-3699

★秋の子どもキャンプお泊り体験!
ハロウィーンキャンプ2018と題して、10月27日(土)・28日(日)にネイチャーみらい館(金武町)で開催。小学1~6年生、定員20人限定。テント設営や屋外炊飯、キャンプファイヤー、カヌー体験ができる。仮装パーティーもあり。参加費1万円。
問い合わせ 098-968-6117
 


『週刊ほーむぷらざ』
第1629号 2018年10月11日掲載

パン・スイーツ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1235

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る