パパッとできちゃう! 低糖質COOKING|アサリと豚肉のチゲスープ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2017年9月14日更新

パパッとできちゃう! 低糖質COOKING|アサリと豚肉のチゲスープ

糖質6.5g|低糖質レシピ[05]糖質を抑える低糖質ダイエット。飲食店を展開するPINO(ピノー)グループと週刊ほ〜むぷらざがコラボし、気軽に作れる低糖質メニューを紹介します。調理・監修はピノーグループ総料理長の真栄城悟さんです。

具だくさんで満足

今回は韓国風の食べるスープ「アサリと豚肉のチゲスープ」です。アサリと豚肉のうま味が凝縮され、ピリ辛の味わいが食欲をそそります。具だくさんでたっぷり味わえて低糖質といううれしいメニューです。

 

アサリと豚肉のチゲスープ

糖質6.5g

[材料(2人分)]
アサリ(殻付き) 150g
豚肩ロース 100g
モヤシ 50g
キムチ 80g
ニラ 20g
島とうふ 150g
ニンニク 5g
400ml
しょうゆ 小さじ2・1/2
小さじ1
ごま油 適量

 

[作り方]
豚肉はひと口大のそぎ切りにする。
フライパンにごま油少々とニンニクを入れ、その後に火をつけて香りが出てきたら砂抜きしたアサリ(囲み参照)を入れて強火にし、水少々を加え、フタをして蒸し焼きにする。
アサリの殻が開いたら豚肉とキムチを入れ、火を通す。
③に分量の水を入れ、沸騰させ、アクが出たら取り除き、モヤシを入れ、半量のニラを加える。
④にしょうゆ、酢を入れ、豆腐はスプーンですくって入れる。
⑤が沸騰したら火を止め、器に盛りつけて、残りのニラを添えて出来上がり。


 

真栄城悟さんのワンポイント

塩水でアサリの砂抜き

  • アサリは下処理され、冷凍されているものも販売しているが、スーパーなどで生きたアサリを使う場合は、砂抜きをする。アサリを海水と同じ程度(水1リットルあたり塩・大さじ2杯程度)の塩水に浸し、冷蔵庫の光が当たりにくい場所に1日程度置く。
  • アサリを殻付きで使う場合は、殻の表面をこすり合わせるように洗って、汚れを落とす。
  • ニンニクは焦げやすいため、炒める時は、先に油と一緒にニンニクを入れて、その後で火をつけ、焦がさないように注意する。
  • キムチは白菜や調味料で糖質があるが、今回はうま味を出すために使った。

うま味を余すことなく

  • 豚肉やキムチを炒めた時、鍋の縁に焦げ目のようなものが付くが(写真左の鍋部分)、これは食材のうま味なので、完全に焦げ付く前にヘラなどを使ってこそげ落とす(写真右)。


     
  • モヤシのシャキシャキ感を残したい場合は、火を通す時間を加減する。
  • 豆腐は手でちぎるか、スプーンですくい取りながら入れる(写真下)と、スープの味がしみ込みやすい。

  • 仕上がったら食べる前に、好みで酢を加えると、味がしまって風味が増す。




真栄城悟
まえしろ・さとる/ピノーグループ総料理長。ホテルやレストランでの経験を基に、現在は低糖質メニューの講習会や先進地の視察などを行う。現在は総料理長としてグループ全般のメニュー開発を担当している。


◆今回紹介した「アサリと豚肉のチゲスープ」は浦添市城間の隠れ家ピノー、那覇市おもろまちの食彩ダイニング・ピノーで、9月19日(火)以降、メニューとして登場します。これまでこのコーナーで紹介した4種のメニューも味わうことができます。



パパッとできちゃう!! 低糖質Cooking|一覧
<パパッとできちゃう!! 低糖質Cooking>


編集/高江洲千里
毎週木曜日発行・週刊ほーむぷらざ
「第1574号 2017年9月14日紙面から掲載」

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
ちぃちゃん

これまでに書いた記事:84

元企画・編集プランナー
身の回りの「はてな?」や「なるほど!」を追い求めながら、好奇心のアンテナを張り巡らせて日々、取材中。何でもやるからには「徹底的」に。そのための息抜きも大切に。メリハリのある暮らしと、メリハリのある仕事のこなし方ができるよう心がけています。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る