多彩な味と食感の洋食|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2023年5月11日更新

多彩な味と食感の洋食|ごちそうレシピ

今回は「ポークソテーマッシュルームソース」、「青菜とジャガイモのソテー」、「マカロニサラダ」の洋食3品を紹介。彩りも豊かな家庭料理です。照屋裕子(松本料理学院講師)

毎日のレシピ

タグから記事を探す
ソースの甘みが豚肉を引き立てる
ポークソテーマッシュルームソース
ポークソテーマッシュルームソース

【材料(4人分) 調理目安時間10分】

豚ロース……………4枚(1枚100~120g)
塩・こしょう………………適量
サラダ油………………大さじ2

〈マッシュルームソース〉
マッシュルーム……………40g
トマトケチャップ……大さじ3
赤ワイン………………大さじ3
ウスターソース(またはとんかつソース)…大さじ2
水………………………大さじ2
塩・こしょう………………適量

付け合わせ…………………適宜

【作り方】
 肉は筋切りし=写真、焼く直前に塩・こしょうして下味を付ける。※塩加減の目安は肉の量の1%、120gなら1.2g(小さじ1/4弱)。ソースがある場合はその半分。
1 肉は筋切りし=写真、焼く直前に塩・こしょうして下味を付ける。※塩加減の目安は肉の量の1%、120gなら1.2g(小さじ1/4弱)。ソースがある場合はその半分。

 熱したフライパンにサラダ油をなじませ、表になる面から焼き(中~強火で3分程度)、焼き色が付いたら返して火を通す(中火強)=写真。
熱したフライパンにサラダ油をなじませ、表になる面から焼き(中~強火で3分程度)、焼き色が付いたら返して火を通す(中火強)=(2)。

 フライパンの油を軽く拭き取り、ソースの材料を入れてひと煮立ちさせる=写真。器に盛り付けソースをかける。
3 フライパンの油を軽く拭き取り、ソースの材料を入れてひと煮立ちさせる=写真。器に盛り付けソースをかける。

肉をおいしく焼くポイント
(1)肉の厚みは1.5cm~2cm
(2)焼く前に冷蔵庫から出して室温に戻しておく(30分~1時間)
(3)塩・こしょうは焼く直前にかける
(4)よく熱したフライパンで焼く
(5)両面を1回ずつ焼く(盛り付けた時に上になる面を先に焼く)
(6)焼いた時間と同じ時間、ホイルに包むなどして保温しつつしばらく置く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

野菜の多彩な食感と味わい
青菜とジャガイモのソテー
青菜とジャガイモのソテー

【材料(4人分) 調理目安時間15分】

青菜(小松菜、ホウレン草など)…1束(200g)
ジャガイモ…………………1個
ニンジン……………………4cm
パセリ(みじん切り)……適量
バター………………………15g
塩・こしょう………………適量

【作り方】
 青菜は根を切り落とし、根元に十文字に切り込みを入れ(太い場合は切り込みを増やす)、しばらく水に浸しておく。よく水洗いして、たっぷりの熱湯に塩を入れ、根元から先にゆで葉の部分も入れる=写真。沸騰したら裏返す。再沸騰したら冷水に取りよくさらす。長さ4cmに切り分けて水気を絞る。※小松菜、チンゲンサイはあくが少ないのでゆでずに炒めてもよい。
1 青菜は根を切り落とし、根元に十文字に切り込みを入れ(太い場合は切り込みを増やす)、しばらく水に浸しておく。よく水洗いして、たっぷりの熱湯に塩を入れ、根元から先にゆで葉の部分も入れる=写真。沸騰したら裏返す。再沸騰したら冷水に取りよくさらす。長さ4cmに切り分けて水気を絞る。※小松菜、チンゲンサイはあくが少ないのでゆでずに炒めてもよい。

 ジャガイモは皮をむいて千切りにし、水にさらす。ニンジンも千切りにする。

 フライパンにバターを熱し、水気を切ったジャガイモをしばらく炒める。透明感が出てきたら、ニンジンを加えて引き続き炒める。ジャガイモとニンジンが好みの硬さになったら、再度水気を絞った青菜をほぐし入れてサッと炒め=写真、塩・こしょうで味付けし、パセリを混ぜ込む。
3 フライパンにバターを熱し、水気を切ったジャガイモをしばらく炒める。透明感が出てきたら、ニンジンを加えて引き続き炒める。ジャガイモとニンジンが好みの硬さになったら、再度水気を絞った青菜をほぐし入れてサッと炒め=写真、塩・こしょうで味付けし、パセリを混ぜ込む。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マヨネーズのまろやかな味わい
マカロニサラダ
マカロニサラダ

【材料(4人分) 調理目安時間20分】

マカロニ……………………60g
キュウリ……………………1本
ニンジン……………………50g
タマネギ………………1/2個
卵……………………………1個
レタスなど…………………適宜

〈フレンチドレッシング〉
塩…………………小さじ1/3
ホワイトペッパー…………少々
フレンチマスタード…小さじ1
ワインビネガー(酢でもよい)…大さじ1と1/2
サラダ油………………大さじ4

マヨネーズ………カップ1/3

【作り方】
 ボウルに油以外のフレンチドレッシングの調味料を入れて混ぜる。サラダ油を少量ずつ混ぜ入れて乳化させる。できたドレッシングを大さじ1と1/2取り分けて、マヨネーズと混ぜ合わせてマヨネーズソースを作る=写真。
1 ボウルに油以外のフレンチドレッシングの調味料を入れて混ぜる。サラダ油を少量ずつ混ぜ入れて乳化させる。できたドレッシングを大さじ1と1/2取り分けて、マヨネーズと混ぜ合わせてマヨネーズソースを作る=写真。

 マカロニを表示時間通りに塩ゆでして、水気を切り、熱いうちにフレンチドレッシングを適量振りかけて下味を付ける。粗熱を取る。

 卵は固ゆでして(沸騰してから10~11分)、粗く刻む。キュウリは縦半分に切って斜め薄切りに、ニンジンは細切りにして、それぞれ塩を少々まぶす。タマネギは薄切りにして氷水にさらす。

 マカロニ、3の卵と水気をよく絞った野菜をマヨネーズソースであえる=写真。レタスなどを敷いて盛り付ける。
4 マカロニ、3の卵と水気をよく絞った野菜をマヨネーズソースであえる=写真。レタスなどを敷いて盛り付ける。

照屋裕子(松本料理学院講師)
『週刊ほ~むぷらざ』ごちそうレシピ
第1866号 2023年5月11日掲載

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4292

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る