村の暮らしに寄り添う生菓子[羊羊(ようよう)]|北中城村喜舎場|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

パン・スイーツ

2020年11月19日更新

村の暮らしに寄り添う生菓子[羊羊(ようよう)]|北中城村喜舎場

きょうは何を食べよう? ちょっと気になるグルメな「お店」をご紹介。
funokinawa・食楽Search(663)

出来たて素材で味わう和の風味

気軽に立ち寄れ、気軽に食べられる、村の日常に寄り添う和菓子がテーマの「羊羊(ようよう)」(北中城村)。岐阜県にある実家が和菓子屋という武山忠司さんは、村内でパン屋を営む屋部龍馬さんと共同経営で、県内では珍しいつきたての餅や炊きたてのあんこを使った生菓子を製造販売。地元客はもちろん、移住した県外出身者が懐かしい和の味を求めて通ってくる。

もち米のみを使って自家製あんを包んだ「おはぎ」はこだわりの一品。定番商品の「どらやき」は、きび糖と三温糖で炊き上げた自家製あんを黒糖入りの手焼き生地でやさしく包んだ。日持ちする冷凍のどらやきは全国発送や店頭購入が可能で、贈答品にもぴったり。シママース入りの「豆大福」は、ほのかな塩味と小豆の甘さのバランスが絶妙だ。

広い土間や窓際に用意したイートインスペースでは、落ち着いた雰囲気の中で抹茶やコーヒーが味わえる。あんこに合わせてブレンドした深煎(い)りコーヒー豆「羊羊ブレンド」(1500円)もおすすめ。


手前左から時計回りに、「おはぎ(あんこ、きなこ、ごま)」(各180円)、「抹茶」(500円)、定番人気菓子の「どらやき」(160円)と「豆大福」(190円)。料金は全て税込み



差し込む光が温かな店内。2人掛け×四つのイートイン席を用意


静かな住宅街に立ち、緑に囲まれた外人住宅を改装した和菓子屋
 

羊羊 YOYO(ヨウヨウ) AN(アン) FACTORY(ファクトリー)

沖縄県北中城村喜舎場366 
電話098(979)5661

営業時間
10時~16時

定休日
無休

駐車場
4台

https://yoyo.okinawa/

<毎日のランチや友だちや家族とディナーはいかがですか? 食楽サーチ一覧へ


毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1737号 2020年11月19日紙面から掲載」

パン・スイーツ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2423

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る