家で楽しむ カフェタイム|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

きょうのごはん

カフェ・喫茶

2020年9月24日更新

家で楽しむ カフェタイム

仕事や家事の合間に飲みたくなるコーヒー。たまにはゆっくりとハンドドリップでいれてみるのも楽しそう。コーヒースタンドを経営する照屋正也さんが、おいしく入れるポイントや豆の保管方法などを教えてくれました。



ハンドドリップで入れてみよう!
「ハンドドリップは酸味や苦みなどを変化させて楽しめる」と話すのは、コーヒースタンドを経営する照屋正也さん。「高温過ぎると苦み成分が抽出されやすいため、使用するお湯は85~90度。抽出温度を均一にするためお湯は低い位置から注ぎ、1杯分を3分程度で抽出するのが私のお気に入りの入れ方」と紹介。

「入れ方は多種多様で、豆の焙煎度合いでも適する抽出時間やお湯の温度は異なる。ポイントを参考にしながら好みの入れ方を探してみては」と呼び掛ける。


ハンドドリップのPOINT!
★お湯の温度は85~90度
 高温過ぎると苦み成分が多く抽出されやすい。
一度沸騰させたお湯をケトルに移し替えて冷ますと適温になる。

★使用する豆は1杯分で10g(コーヒー用スプーン1杯)
ホットの場合、1杯分は10gの豆を使用。

★1杯の抽出は3分を目安に終える
時間を掛け過ぎると余分な苦みまで抽出されやすくなる。

基本のハンドドリップの入れ方(2杯分・240㎖)
①サーバーの上にドリッパーを置き、ペーパーフィルターをセット。
ミルでひいた豆を入れて均等にお湯がかかるよう平らに。


②粉の中央からお湯を注ぎ「の」の字を書くように
粉全体を湿らせる。粉がドーム状に膨らんだら30秒蒸らす。


③蒸らし終えたら、2湯目を注ぐ。
湯は細く、「の」の字を書くようにし、
ドリッパーの8割程度まで注いだら止める。


④粉の表面の膨らみが半分ほどに下がったら、
粉の中央から500円玉の大きさの円を描きながら
3湯目を注ぐ。


⑤湯が落ちきる前に4湯目を低い位置から真っ直ぐ注ぐ。


⑥サーバーの中に240㎖抽出できたら、ドリッパーを
サーバーから外す。カップに注いだらできあがり♪


コーヒーQ&A

Q1:やっぱり豆は挽き立てがいいの?
A: より香りを楽しむなら、飲む直前に挽くのがベスト。
   挽いて保管しておくと、1週間ほどで香りが薄くなってしまいます。

Q2:豆はどう保管したらいい?
   保管すると、酸化を防ぎやすくなります。

Q3:ちょうど良い粉の粗さってどのくらい?
A: ペーパードリップを使用する場合は、中挽きがおすすめ。
   手でさわるとザラザラした感触が感じられる程度が目安。
 

カフェ・喫茶

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
比嘉知可乃

これまでに書いた記事:83

新人プランナー(企画・編集)
1990年生まれ、うるま市出身。365日ダイエット中。
真面目な話からくだらない話まで、「読んだ人が誰かに話したくなる情報」
をお届けできるように頑張ります!

TOPへ戻る