やんばるの森ガイドと歩く「国頭村環境教育センターやんばる学びの森」|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

アンケート&プレゼント

毎日を楽しく

体験・遊ぶ

2017年3月23日更新

やんばるの森ガイドと歩く「国頭村環境教育センターやんばる学びの森」

沖縄の自然満喫! トレッキングに出掛けよう♪
少しずつ暖かくなり、お出掛け日和が増えてきた3月下旬は、初心者でも楽しめるトレッキングコースを紹介。昨年国立公園に指定された「やんばる」や気軽に登山が楽しめる「石川岳」で沖縄の自然に触れてみよう!

沖縄をあそぼう|やんばるに詳しいガイドならではの説明が聞ける
 

やんばるの森ガイドと歩く

国頭村環境教育センター
やんばる学びの森


やんばる学びの森は照葉樹林が広がる大自然の真っただ中に位置する施設で、ジャングルカヌーやバードウオッチなどさまざまなプログラムがある。なかでもインタープリターと呼ばれるガイドと一緒にネイチャートレイル(自然散策路)を歩くツアーが人気だ。今回は家族連れでも楽しめるという「ヤマシシコース」に参加した。
まずはフィールドセンターで、やんばるの自然や文化について学び、ツアーがスタート。森の中へ入るときれいな鳥の鳴き声が聞こえてきた。「天然記念物のアカヒゲですね」とガイドの大城和也さん。幸先のいいスタートが切れ、森に歓迎されているような気分!
散策路はウッドチップが敷き詰められているだけでなく、木道も整備されており、歩きやすい。山歩きに慣れていない人でも安心だ。また、見落としそうな小さな花や植物の実、昆虫など、丁寧に解説を加えてくれるのもガイドツアーの醍醐味。
今回、幸運にも特別天然記念物のノグチゲラが姿を現し、天然記念物のカラスバトの鳴き声も。こんなうれしいハプニングもあり、約1・5㌔、所要約2時間のツアーはあっという間に終了。「同じコースでも季節や時間帯で違った姿を見せてくれますよ」と大城さん。
宿泊棟もあるので、泊まりがけで参加すると自然への理解がより深まるはず。何度も出掛けてやんばるの森の奥深さを満喫しよう。



インタープリターの大城和也さん


カエルたちが多くすむアタビー(カエル)ポンド


足元には食虫植物のコモウセンゴケが


映画のロケに使われた鬼太郎ツリーハウスがツアーのゴール地点


巨大なツルで他の木々に絡むシマサルナシ


エゴノキの花は今が見頃


利用時間:午前9時~午後5時(ガイドツアーは午前10時、午後2時開催)
場所:国頭村安波1301-7(地図
料金:ガイドツアー3000円(リバーソングコースは3500円)
要予約/無休(臨時休館有)
駐車場30台

<問い合わせ>
国頭村環境教育センター やんばる学びの森
0980-41-7979
http://www.atabii.jp/
 

トレッキングを楽しく安全に楽しむための注意点

・長袖、長ズボンで参加しよう
・履物は履きなれたスニーカーで
・ドリンクを忘れずに
・帽子も着用しよう
・虫が気になる人は虫よけスプレーを
・散策路以外へ立ち入らない
・生き物の捕獲や植物の採取は厳禁


<トレッキングが他にも楽しめる>
沖縄をあそぼう|本島最大級のマングローブ間近に感じるトレッキング
本島最大級のマングローブ間近に感じるトレッキング

沖縄をあそぼう|中南部からも気軽に登山ができるトレッキング
中南部からも気軽に登山ができるトレッキング


取材/トラベローグ 伊東一洋・高良蘭
『週刊ほーむぷらざ』沖縄をあそぼう(12)
第1549号 2017年3月23日掲載

体験・遊ぶ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1382

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る