おしゃれなお部屋図鑑|ANKH(那覇市)|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

毎日を楽しく

おしゃれ

2015年2月6日更新

おしゃれなお部屋図鑑|ANKH(那覇市)

週刊タイムス住宅新聞に掲載されているオシャレなお部屋図鑑vol.10。
「ミスマッチ小物で軽やかさプラス」沖縄県那覇市にあるANKH(アンク)

ガーリー&レトロ/プライベートルーム

甘過ぎないかわいさ演出

1950年代から70年代のビンテージものやアンティークなど、アメリカで直接買いつける服や靴、ファッション小物がそろう「ANKH(アンク)」。那覇市・浮島通り沿いのレトロな店内は、女性ならではのセンスあふれる空間だ。


もとは家具屋だったという60年代の建物を利用した店内は、オーナーの田阪佐登子さん(45)が自身でペイントしたという淡いブルーグリーンの壁に彩られた空間。年代もデザインも色もさまざまなガールズアイテムが所狭しと並んでいるが、不思議と雑多なイメージはない。
「商品のセレクトは100パーセント自分の趣味(笑)。好きなものを飾って、そこの住人になるという感覚かな。一見テイストが違うと感じるものを、ちょこんと紛れこませると、空間に遊びが出たりするんですよ」とコツを伝授。
ガーリーな印象のなかに、たとえば軍で使われていた木製のカーキ色のトランクが置いてあったり、ユーモアのある小物が並べてあったり、昭和レトロなポスターが飾ってあったりと、ミスマッチアイテムがさりげなく主張。
田坂さんは「ベースになる色で統一感を持たせて、楽しいテイストやかっこいいテイストを混ぜると甘過ぎない空間になるはず」とアドバイス。ちょっとした「外しテク」、ぜひ取り入れてみてはいかが。




 

茶色のバリエ+遊びのアイテム

茶色のバリエーションを基調色に、服やぬいぐるみなど、女性らしいアイテムが並ぶ一角は、壁のレトロなポスターやアジアンなクッションが目を引くアクセントに。古い軍用のトランクはテーブルとしてだけでなく、収納としても大活躍している。




ポイント
チェストまわり
アンティーク鏡の縁にかけた帽子やサンダルも簡単にマネできそう。マネキンヘッドやランプなど、好きなものを集めたチェスト上のスペースは、まさに趣味が詰まった空間。鮮やかなブルーにペイントされたチェストやポイントで置かれた赤もセンス抜群。




ポイント
アレンジランプ
リサイクルショップで300円ほどで購入したという、傘に汚れや破れがある卓上ランプ。スカーフをかけることで、光量を調節できたり、スカーフの色や柄が映えたりと楽しみ方もいっぱい。ランプ付近にお気に入りの小物を並べると、夜の存在感も格段にアップする。


急いでいる時こそお役だち

デザインや色でまとめてチョイスらくらく




田阪さんのアクセサリー整理術

ネックレスやピアス、リングなど、アクセサリーを種類別に収納している人も多いのでは。「色味やデザイン、テイストごとに分けておくのもおすすめですよ」と田坂さん。
手持ちの服や靴、バッグなどと合わせやすいアクセサリーのセットをいくつかまとめておくと、忙しい時にもコーディネートのバリエーションが作りやすいはず。また、ビジネスや休日使い、特別な機会など、シーンごとにまとめておくのも一考。


[DATA]

ANKH(アンク)

住所:沖縄県那覇市松尾2-11-22
営業時間:13時~20時
定休日:無休
駐車場:なし
電話:098-863-0028
http://ankhvintage.ti-da.net/


取 材/藤井千加(ライター)
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1518号・2015年2月6日紙面から掲載

おしゃれ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:54

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る