[本の紹介/プレゼント]酒が薬で、薬が酒で|柏書房|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

エンタメ・ライブ

2024年1月18日更新

[本の紹介/プレゼント]酒が薬で、薬が酒で|柏書房

ジュンク堂書店が、おすすめの新刊を紹介。

エンタメ・ライブ

タグから記事を探す

酒と薬の切っても切れない歴史

古来より酒と薬の関係には切っても切れないものがあり、互いに発展を遂げてきた。古代エジプトでビールは生水より清潔な栄養ドリンクであったし、科学の原型ともいうべき錬金術師たちは万能薬「命の水」を求めてさまざまな蒸留酒を生み出した。アルコールと医術が織りなす人類史の変遷を資料と調査に基づいて読み解いていく。

酒が薬で、薬が酒で

キャンパー・イングリッシュ 著
梅野桂 訳
柏書房
2970円(税込み)

プレゼント  2024年1月23日(火)必着。

上記『酒が薬で、薬が酒で』を抽選で1人にプレゼント。希望者は下の【プレゼント応募】をクリック。

→【プレゼント応募】


提供/ジュンク堂書店 那覇店
TEL:098(860)7175
『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・BOOK情報
第1902号 2024年1月18日掲載

エンタメ・ライブ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4234

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る