わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクションの舞台裏|国立西洋美術館の舞台裏描く[沖縄・映画館へ行こう!]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

最新映画情報

2023年10月19日更新

わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクションの舞台裏|国立西洋美術館の舞台裏描く[沖縄・映画館へ行こう!]

[fun okinawa・エンタメ情報]桜坂劇場から、新作映画をピックアップして紹介。
★2023年10月21日(土)から桜坂劇場で公開

最新映画情報

タグから記事を探す

わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクションの舞台裏|©︎大墻敦
©︎大墻敦


わたしたちの国立西洋美術館
奇跡のコレクションの舞台裏


国立西洋美術館の舞台裏描く

20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエが設計し、2016年に世界文化遺産に登録された東京・上野の国立西洋美術館。その知られざる舞台裏を描いたドキュメンタリー映画。

1959年、フランス政府から日本へ寄贈返還された「松方コレクション」を基礎に彫刻、版画、素描など約6000点の作品を所蔵する国立西洋美術館。20年10月、ル・コルビュジエが構想した創建時の姿に近づける整備のため休館となった同館の内部にカメラが入り、1年半にわたる取材を敢行した。

所蔵品の保存修復作業、コレクションの調査研究など、「美」を守り伝えることに尽力する美術館スタッフの活動を追う。館長や美術関係者へのインタビューからは、日本の文化行政が抱える難問や美術館の目前に迫る危機的状況が浮かび上がる。


2023年/日本/105分/監督・製作・撮影・編集・録音:大墻敦


桜坂劇場
[info]
“Murmurations”ドローイングコンサートが、10月19日(木)に桜坂劇場で開かれる。同コンサートは、フランス育ちながら日本の美的理念に大きく影響を受けているミュージシャンtAk(タック)と絵本作家のAdrien Demont(アドリアン デュモン)のアート、国内外を問わず活躍の場を広げている曽我大穂の音楽が共演。子どもから大人まで楽しめる。開演19時。料金は当日3500円(要1ドリンクオーダー)。

<問い合わせ>
桜坂劇場
電話098(860)9555

funokinawa エンタメ最新映画情報


『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・映画情報
第1889号 2023年10月19日掲載

最新映画情報

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4234

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る