[本の紹介]世界で最後の花 絵のついた寓話|ポプラ社|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

エンタメ・ライブ

2023年7月13日更新

[本の紹介]世界で最後の花 絵のついた寓話|ポプラ社

ジュンク堂書店が、おすすめの新刊を紹介。

エンタメ・ライブ

タグから記事を探す

親子で戦争を考える機会に

雑誌「ザ・ニューヨーカー」の編集や小説、漫画などの分野でも活躍した著者が、第二次世界大戦開戦時に描いた名著を、村上春樹氏の翻訳で復刊した書。

戦争で文明が破壊された世界。1人の若い娘が最後の花を見つけ、若者と共に養分を与えると花は元気に。やがて花は増え、地上に森が戻るが…。親子で戦争を考えるきっかけになる1冊。

世界で最後の花 絵のついた寓話[本の紹介]ポプラ社

世界で最後の花
絵のついた寓話

ジェームズ・サーバー 著
村上春樹 訳
ポプラ社
1760円(税込み)

提供/ジュンク堂書店 那覇店  TEL:098(860)7175
『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・BOOK情報
第1875号 2023年7月13日掲載

エンタメ・ライブ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4234

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る