[沖縄・映画館へ行こう!]わたしのお母さん|母と娘のすれ違う心情を描く|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

最新映画情報

2022年11月17日更新

[沖縄・映画館へ行こう!]わたしのお母さん|母と娘のすれ違う心情を描く

[fun okinawa・エンタメ情報]桜坂劇場から、新作映画をピックアップして紹介。
★2022年11月26日(土)より桜坂劇場で公開

最新映画情報

タグから記事を探す

わたしのお母さん[沖縄・映画館へ行こう!]
©2022「わたしのお母さん」製作委員会


わたしのお母さん

母と娘のすれ違う心情を描く

互いにすれ違う娘と母の複雑な心情をつづった人間ドラマ。 3人姉弟の長女で、今は夫と2人で暮らす夕子は、急な事情で母の寛子と一時的に同居することになる。明るくて社交的な寛子だったが、夕子はそんな母のことがずっと苦手だった。

不安を抱えたまま同居生活がスタートするが、昔と変わらない母の言動に、もやもやした気持ちを抑えきれない夕子。そんなある日、2人の関係を揺るがす出来事が起こる…。

母との間にわだかまりを抱える娘・夕子を演じるのは、「八日目の蝉(せみ)」で日本アカデミー賞最優秀女優賞を受賞した井上真央。母・寛子役を、実力派俳優としてキャリアを重ね「G・I・ジョー 漆黒のスネークアイズ」でハリウッド進出を果たした石田えりが務める。実力派女優2人が体現する“親子のリアル”が感じられるはずだ。



2022年/日本/106分/監督:杉田真一/出演:井上真央、石田えり、阿部純子 ほか


桜坂劇場
[info]
11月19日(土)~22日(火)、桜坂劇場と国立映画アーカイブの主催で、優秀映画鑑賞推進事業として「次郎長三国志」「沓掛(くつかけ)時次郎 遊侠(ゆうきょう)一匹」「網走番外地」「人生劇場 飛車角と吉良常」の4作品を上映。すべて35mmフィルムで上映する。1作品500円。
<問い合わせ>
桜坂劇場
電話098(860)9555

funokinawa エンタメ最新映画情報


『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・映画情報
第1841号 2022年11月17日掲載

最新映画情報

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4287

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る