[沖縄・映画館へ行こう!]チェルノブイリ1986|水蒸気爆発の危機に挑む|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

最新映画情報

2022年5月5日更新

[沖縄・映画館へ行こう!]チェルノブイリ1986|水蒸気爆発の危機に挑む

[fun okinawa・エンタメ情報]桜坂劇場から、新作映画をピックアップして紹介。
★2022年5月7日(土)より桜坂劇場で公開

チェルノブイリ1986[沖縄・映画館へ行こう!]
©《Central Partnership》LLC,©《GPM KIT》LLC,2020.All Rights Reserved.


チェルノブイリ1986

水蒸気爆発の危機に挑む

チェルノブイリ原発事故を一般市民の視点からリアルに映し出した衝撃作。ウクライナでの戦争に反対を表明し平和が訪れることを願う、ロシア、ウクライナを代表する映画人により製作された。

若き消防士アレクセイは元恋人オリガと10年ぶりに再会し、彼女と新たな人生を歩みたいと願っていた。しかし、地元チェルノブイリ原発で爆発事故が起こり、穏やかな日常が一変。事故対策本部会議に出席したアレクセイは、深刻な水蒸気爆発の危機が迫っていることを知る。

溶け出した核燃料が貯水タンクに達すれば、ヨーロッパ全土が汚染されるほどの大量の放射性物質がまき散らされる。愛する人のためタンクの排水弁を手動で開ける決死隊に志願したアレクセイだったが、想像を絶する苦難が待ち受けていた…。


2020年/ロシア/135分/監督:ダニーラ・コブロフスキー/出演:ダニーラ・コブロフスキー、オクサナ・アキンシナ ほか



桜坂劇場
[info]
5月8日(日)、落語家・柳家三三(やなぎやさんざ)の独演会を開催。8回目となる桜坂劇場での独演会は、“母の日公演”。開場14時30分、開演15時。全席指定3500円(1ドリンク付き)

<問い合わせ>
桜坂劇場
電話098(860)9555

funokinawa エンタメ最新映画情報


『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・映画情報
第1813号 2022年5月5日掲載

最新映画情報

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:3099

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る