[沖縄・本の紹介]この30年の小説、ぜんぶ読んで しゃべって社会が見えた|河出書房新社|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

エンタメ・ライブ

2022年3月3日更新

[沖縄・本の紹介]この30年の小説、ぜんぶ読んで しゃべって社会が見えた|河出書房新社

ジュンク堂書店が、おすすめの新刊を紹介。

対談通じて伝える読書案内

平成から令和までの約30年間に刊行された小説を通じて、作家と文芸評論家が語り尽くした対談集。「本当に社会のことが知りたいなら、小説を読むべき」と作家の高橋さん。文芸評論家の斎藤さんは「小説には間違いなく時代の空気、言いかえれば『社会』が詰まっている」という。著者2人の対談の記録から見えてくる思いもよらない読書案内だ。

この30年の小説、ぜんぶ読んで しゃべって社会が見えた[沖縄・本の紹介]河出書房新社

この30年の小説、ぜんぶ読んで
しゃべって社会が見えた

高橋源一郎、斎藤美奈子 著
河出書房新社
1078円(税込み)

提供/ジュンク堂書店 那覇店 098(860)7175
『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・BOOK情報
第1804号 2022年3月3日掲載

エンタメ・ライブ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:3099

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る