[タイ深発見]タイの風情を列車で〈12〉|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

旅行

2021年12月16日更新

[タイ深発見]タイの風情を列車で〈12〉

タイ国政府観光庁で働く冨松寛考さんが、タイの観光地や人々の生活を取り上げる。今回は、都会的な新スポットや寺院、遺跡、定番料理など多彩な見どころを写真で紹介する。

遺跡から最新スポットまで多彩な魅力

見どころ満載 タイの旅

【食べる】スイーツにも注目

きしめんのような平べったい米麺を使った、甘辛い味のタイ式焼きそばの「パッタイ」。国民食として愛されており、屋台や食堂では定番メニュー


タイは日本と同様の米文化。シーフードを使った料理も多い


お祝いの席などでも食べられる「フォイトーン」は、卵黄を使った伝統的なスイーツ

【遊ぶ】新スポットやリゾート地も人気


写真中央にそびえる、バンコクで一番高い「キングパワー・マハナコーンビル」は注目の最新スポット。78階には観覧エリアやルーフトップバーがあり、絶景パノラマビューが楽しめる


リゾート地プーケットを代表するパトンビーチは、マリンスポーツのほか、ショッピングも楽しめる人気スポット

チェンマイ郊外にあるエレファントキャンプでは、象の背中に乗ることもできる


【文化】お土産に有名なタイシルクも

チャオプラヤー川沿いにたたずむ寺院「ワット・アルン」。ライトアップされた夜の姿は幻想的。「アルン」とは暁を意味する


光沢とハリがある色鮮やかなタイシルクはお土産に人気。タイシルクを使用したネクタイや小物などもある
古都アユタヤに残る遺跡。観光スポットとしても有名で多くの人が訪れる



神への信仰や人と川の深い関りわを表す行事「ロイクラトン」で川に流す灯籠


 

タイ国政府観光庁のHPでは、さまざまなタイの情報や写真を公開しています。下記のURLからアクセスを。
https://www.thailandtravel.or.jp/



 

 
 執筆者 
とみまつ・ひろのり
タイ国政府観光庁福岡事務所マーケティングマネージャー
とみまつ・ひろのり
◆タイ国政府観光庁 福岡事務所
092(260)9308 メール info@tatfuk.com
公式サイトは「タイ」で検索! タイ国政府観光庁のインスタグラムなど公式SNSでは毎日タイの情報をお届け中!



「タイ深発見」のバックナンバーはこちらから。
『週刊ほ〜むぷらざ』タイ深発見<12>
第1793号 2021年12月16日掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:3099

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る