[沖縄]漫画から芸術書まで|書店員がお薦め この秋の一冊|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

体験・遊ぶ

2021年9月30日更新

[沖縄]漫画から芸術書まで|書店員がお薦め この秋の一冊

朝夕涼しくなり、本を読むのに最適な季節が到来! 「芸術の秋」を感じさせる作品を中心にリブロ リウボウブックセンター店とジュンク堂書店那覇店の書店員におすすめの本をピックアップしてもらった。感性を磨くのにぴったりの作品ばかりだ。

リブロ リウボウブックセンター店 小熊さん推薦

つまんない つまんない

「つまんない」を考える

子どもも大人も楽しめ、考えさせられる絵本です。「つまんない」をテーマに、「ずーっといえにいるのは『つまんない』のかな?」「つまんないのってだれのせい?」「どうやったら『おもしろく』なるんだろう」と、ぐるぐる頭を駆け巡る思考のどうどう巡り。読んだあなたは「おもしろさ」を発見できるでしょうか? マンネリ化した普段の生活を見直すヒントになるかもしれません。

ヨシタケシンスケ著/白泉社/1430円(税込み)

 絵本のようにめくる世界遺産の物語 
家の中で旅行気分に

1100件以上にものぼる人間の英知と魅力が詰まった場所、世界遺産。いつか行ってみたい、そんな場所ばかりを集めた珠玉の一冊です。「ピサの斜塔はそのうち倒れるの?」「モアイ像は何を見ているの?」など、62の逸話と息をのむ美しい写真でその魅力を紹介。読んでいると、まるでそこへ足を踏み入れたかのような気分になり、たとえ家の中にいても、世界を駆け回れます。

監修:村山秀太郎・本田陽子/昭文社/1540円(税込み)


 大丈夫じゃないのに大丈夫なふりをした 
心温まるエッセー

韓国の人気作家のエッセー集です。人間関係、仕事、恋愛。あなたの悩みはどれですか? みんな悩みがあって、でも大丈夫なふりをしてガマンして。自分のことより他人に気を使って、そして疲れてしまう。そんな気丈に生きる全ての人へ贈る、心温まるエピソードがいっぱい。癒やされ、励まされる一冊。著者は言います「私たちの幸せは、『自由』にある」と。

クルベウ著、藤田麗子訳/ダイヤモンド社/1430円(税込み)



 毎日読みたい365日の広告コピー 
毎日が大切な日に

広告のコピーを365日、その日その季節にぴったりに並べたすてきな名言集です。たとえばあなたの誕生日のページを開いてみてください。どんな言葉がつづられているでしょう? 商品や企業の魅力を伝えるコピーが、なぜか心の琴線に触れる。あなたの人生に、少しのヒントを与えてくれるかもしれません。毎日が大切な日になる、その日の気分を上げてくれる本です。

ライツ社/2035円(税込み)



お薦めしてくれた人
リブロ リウボウブックセンター店
店長 小熊基郎さん
■問い合わせ先/☎098・867・1725




 ジュンク堂書店那覇店 城間さん、島袋さん推薦 

 おじいちゃんとパン 

おいしそうなパンの絵に注目

おじいちゃんが、毎日、食パンにジャムをたっぷり塗ったり、マシュマロを乗せたりと甘い物を塗って食べている。そのパンを食べるのを楽しみにしている孫のちびすけ。そのちびすけの成長と、おじいちゃんがつくるパンを紹介しながら、おじいちゃんと孫のほっこりしたやりとりがある。漫画家が絵本を描いているので、絵が立体的でリアルです。絵が芸術的なのはもちろん、おいしそうで食欲をそそります。

たな著/パイ インターナショナル/1078円(税込み)


 教養として知っておきたい 博物館の世界 
博物館の歴史や特徴、鑑賞ポイントも

京都博物館副館長である著者が、博物館の基礎知識や運営、具体的な博物館鑑賞術までをまとめた本です。博物館の裏側や意外な鑑賞方法まで、分かりやすく紹介されています。著者おすすめの博物館が20カ所厳選されており、沖縄からも1カ所紹介されています。各博物館の歴史や特徴だけでなく、鑑賞のポイントも掲載。芸術の秋におすすめの一冊です。

栗原裕司著/誠文堂新光社/1760円(税込み)



 366日 物語のある絵画 
ストーリー秘めた絵画とエピソード

幻想的なストーリーを秘めた絵画+エピソードを1ページで紹介。毎日めくって366ページ。モチーフから学ぶ美術史はもとより神話・聖書・文学など西洋文化の教養も身につくビジュアルブックになっています。ミレーのオフィーリア、ミュシャのスラヴ叙事詩、ブリューゲルのバベルの塔などを1冊で楽しめるなんてぜいたく!

海野弘 解説・監修/パイ インターナショナル/2860円(税込み)



 ブルーピリオド 
絵に視点を置く受験物語

器用な主人公の高校生・矢口八虎(やぐち・やとら)が、美術のイラストを見て感化され、美術大学を目指す青春物語。挫折や苦悩もありつつ、自分の目標に向け突き進むのですが、読む方の経験と照らし合わせ、共感しながら読める方も多いと思います。漫画ですが、美術的で絵もリアル。美術のノウハウやうんちくも。登場人物が描く味のある絵画にも注目してほしいと思います。現在、1巻~11巻まで発売中。

山口つばさ著/講談社/693円(税込み)



お薦めしてくれた人
ジュンク堂書店那覇店の城間美咲さん(右)と島袋怜奈さん
■問い合わせ先/☎098・860・7175
 
『週刊ほ〜むぷらざ』
第1782号 2021年9月30日掲載

体験・遊ぶ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:3099

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る